いわいさんちwebへ
ようこそ!
by 岩井俊雄

このブログトップへ

岩井パパがつくったもの

◆アイデアはどこからやってくる?
[河出書房新社刊]
岩井パパの発想と
創作の秘密がここに!



◆ちか100かいだてのいえ
[偕成社刊]
こんどは地下へ!
地球の中には何がある?



◆ビッグブック
100かいだてのいえ
[偕成社刊]
高さ116cm×幅20cmの
大型絵本になりました!



◆光のえんぴつ、
時間のねんど
図工とメディアをつなぐ
特別授業
[美術出版社刊]
小学校の全学年で取り組んだ特別授業の記録です。



◆100かいだてのいえ
[偕成社刊]
初めての描き下ろし
絵本です。
空までとどく不思議な家を
のぼってのぼって探検しよう!



◆いわいさんちの
リベットくん
[紀伊國屋書店刊]
作る・動かす・
物語が生まれる。
かわいくてあったかい、
親子で遊べる
手作りおもちゃ。
キット付もあります。



◆どっちが?絵本
[紀伊國屋書店刊]
わが家の遊びが
3冊セットの
絵本になりました!



◆いわいさんちへ
ようこそ!
[紀伊國屋書店刊]
パパとロカちゃんが考えた遊びや工作がたくさん載っています。



◆エレクトロプランクトン
ニンテンドーDSで体験する
音と光のメディアアート。



◆TENORI-ON
光と音を演奏できる
21世紀のデジタル楽器。


◆TENORI-ON開発日誌
もうひとつ
ブログやってます。
岩井パパの
アート・音楽関連の
最新情報はこちらから!

以前の記事
検索
カテゴリ:◆このごろのいわいさんち( 240 )
ゆゆちゃんのキリン
ゆゆちゃんは、いま4歳。
昨年の春から幼稚園に行き始めた年少さんです。

ゆゆちゃんは、家の中ではとても活発でおしゃべりなのですが
一人でも知らない人がいると一言もしゃべらないくらい
静かになってしまいます。

幼稚園に通い始めたころは特に
なかなか先生やお友だちになじめず
お弁当をまったく食べずに帰ってくることもしばしば。

それでもさすがに2学期の頃には、ずいぶん
幼稚園でもゆゆちゃんらしさを発揮するようになってきたらしいのですが
冬休みが明けると、ゆゆちゃんはまた、幼稚園に行きたくない、と言い出したりして
パパやママを心配させていました。

ところが、最近こんなことがありました。
幼稚園の工作の部屋にあった細長い紙で
キリンがつくれることをゆゆちゃんは見つけました。
それを見ていたお友だち2人が、そのキリンいいな、つくりたい!と言い出して
ゆゆちゃんが2人に作り方を教えることになったそうなのです。

そのときの様子を、幼稚園の先生があとで教えてくれました。

「ゆゆちゃん、すごく大きな声で、
しっかりみんなにキリンの作り方を教えていたんですよ! 
あんなゆゆちゃんを見たのは初めてだったので驚きました。
よほど自信があったんでしょうね」

これがそのとき作ったキリンです。
f0118538_19203466.jpg
これ、パパが教えたわけではありません。
細長い紙をたまたま折り曲げたら、キリンの首のように見えたのでしょう。
顔や模様を描いて、だんだんキリンになっていったのが想像できます。

形はちょっと違うけれど、ふたつとも耳やたてがみや足、しっぽなど
しっかり同じ作り方をしているので、
それをお友だちに教えてあげたんですね。

次の日は、昨日のキリンを見た他のお友だちが次々と
ゆゆちゃんのところに「キリンのつくりかた、おしえて~」とやってきて、
合計10人くらいにキリンの作り方を教えたそうです。

その様子は、まるで先生のようにしっかりしてました、と
幼稚園の先生がまた喜んで教えてくれました。

そのエピソードを聞いて、パパとママは
作ったり、それを教えたりすることならしっかりできるなんて
やっぱりうちの子だねえ、と笑いながら、ちょっとホッとしたのでした。
by iwaisanchi | 2011-01-25 19:20 | ◆このごろのいわいさんち
小鳥の季節
わが家のお向かいの家の庭にあるナンテンに赤い実がすずなりになり、
ヒヨドリの姿をよく見かけるようになりました。

そうなると、子どもたちが「パパ、ことりをよぼうよ!」と騒ぎ出します。
そうです、今年もまたバードテーブルを出す季節がやってきました!
f0118538_2354182.jpg
しまってあったバードテーブル2つを庭に出し、
ひとつはフェンスに取り付けて、ヒマワリの種を置き、
もうひとつは木の枝につけて、切ったリンゴを刺しました。
f0118538_23542342.jpg
ロカちゃんもゆゆちゃんも、期待して何度も窓からのぞくのですが
小鳥はなかなかやってきません。
やはりすぐには気がついてくれないようです。

でも、2、3日経つと小鳥たちがわが家の庭をかすめ飛ぶ回数が増えてくるのを感じます。
バードテーブルからちょっと離れたゆすら梅の枝にとまったりして、様子をうかがっているようです。

そしてついに…ヒマワリの種を置いたテーブルには
シジュウカラが、リンゴのほうには、
f0118538_23543697.jpg
ヒヨドリがやってきました!

一匹来ると不思議なもので、次々に小鳥たちが現れるようになります。
f0118538_23544194.jpg
一度に2羽のメジロもリンゴをめざしてやってきました!
小鳥たちの連絡網はかなりのスピードで広がっていくようです。
どうやっているのでしょう・・・

こうなると家族みんな窓の外のバードテーブルが気になって仕方がありません。
食事中でも「あっ!シジュウカラがきた!」と小鳥が来るたびに盛り上がります。
「ネクタイがふといよ、いまのシジュウカラ、オスだね!」などと、
子どもたちもだんだん小鳥の知識や見る目が養われているようです。
f0118538_6532767.jpg
ところで、2年前に初めてバードテーブルを始めたときに、
あまりに盛り上がったので、2月のロカちゃんの誕生日には
ダンボールで小鳥を作ってプレゼントしました。
(9歳の誕生日だったので、小鳥も9匹です)

その小鳥たちは、いま「100かいだてのいえのひみつ」展で展示されています。
わが家の部屋を模したスペースの窓辺に並んでいますのでご覧くださいー
by iwaisanchi | 2011-01-17 23:54 | ◆このごろのいわいさんち
A HAPPY NEW YEAR 2011 !!
みなさん、あけましておめでとうございます!
年末、お正月はいかがでしたか?
わが家は、年末展覧会であまりに慌ただしかったので、
お正月はほとんどどこにも出かけずに静かに過ごしました。
f0118538_22353488.jpg
これは、ロカちゃんの年賀状。
手描きの絵と、マスキングテープを組み合わせてあります。
f0118538_2235439.jpg
そしてこちらは、ゆゆちゃんが描いた雪の中のうさぎさん。
右手には本、左手にはさくらんぼを持っているそうです。
ゆゆちゃんも、ずいぶんいろんな絵が描けるようになってきました。

***

『100かいだてのいえのひみつ』展も、本日1月5日から再開しました。
f0118538_22165157.jpg
午後2時頃、美術館に行ってみると・・・
f0118538_22221429.jpg
うれしいことに、とてもたくさんの人で混み合っていました!
お正月早々大感謝です。
手作りおもちゃを見ていた小さな男の子からは、「これであそびたい~」との声も(笑)

ところで、美術館の入っているビルの吉祥寺駅側正面には、
展覧会の期間中、展覧会タイトルが書かれた懸垂幕が毎回下げられるのですが、
この展覧会でjは、それをこんなデザインにしてみました。
f0118538_22165839.jpg
縦長でかなり高い位置に取り付けられるものなので、「100かいだてのいえ」にピッタリだと思って
「100かいだてのいえ」を実際に見上げた感じにしてみたんです。
展覧会に来られる際は、忘れずに見てみてくださいね!

今月は、1月26日(水)以外は毎日オープンしていますのでよろしくお願いします!
by iwaisanchi | 2011-01-05 22:17 | ◆このごろのいわいさんち
手作りのろうそくの光で過ごすクリスマスイブ
展覧会のオープニングの翌日はクリスマスイブでした。
正直パパは疲れ切っていて休みたかったのですが、
毎年この日を楽しみにしている子どもたちのことを考えると
まったく何もやらないわけにはいきません。

そこで、なるべく簡単に部屋の飾り付けをすることにしました。
f0118538_13114922.jpg
すぐに出来て、きれいなものというと、やはりコピー用紙でつくる雪の結晶の切り紙飾りです。
特にゆゆちゃんは作るのが初めて。
ゆゆちゃんが作った結晶は、なんだか見たことない形です(笑)
f0118538_13115561.jpg
みんなで作ったら、あっという間に部屋中を飾れるくらいの数ができました!
f0118538_13115965.jpg
その切り紙を今年は、部屋にはりめぐらせたイルミネーションにつけていくことにしました。
電球に、切り紙の穴をひっかけていくだけなのでとても簡単です。
f0118538_1312478.jpg
途中でゆゆちゃんが、雪の結晶を作るときに切り落とした
端っこの紙の形を見て、「おうかんみたい!」と言い出しました。
確かに、王冠を横から見たような形です。
なるほどなあ、と思っていると、ゆゆちゃんは
早速セロテープでつないで、自分でかぶって遊び始めました。
f0118538_1312826.jpg
それがとてもかわいかったので、家族全員の分の王冠を作って、みんなでかぶることにしました!
それだけでちょっと豪華な雰囲気になるから面白いです(笑)
f0118538_13134382.jpg
それから、今年初めて使ってみたのは、蜜蝋のろうそく。
これは、しばらく前にろうそくをつくるワークショップに家族で参加して作ったもの。
f0118538_13441137.jpg
こんな風に、溶けた蜜蝋の鍋の中に、重りをつけたろうそくの芯を
何度も何度もつけては引き上げ、作っていくんです。
以前、NHKでターシャ・テューダーのドキュメンタリー番組を見てから
一度やってみたいと思っていました。
手間はかかるけど、あのろうそくの形が自然にゆっくりとできていくこと、
ひとつとして同じ形ができないことが、とても楽しい作業でした。
f0118538_13133363.jpg
ろうそくに火をともすと、部屋が一瞬にしておごそかな雰囲気に変わります。
蜜蝋の淡い黄色が、光に照らされてとても暖かな気分にさせてくれます。

ちなみにろうそく立ても、同じワークショップで作ったものです。
パパが作ったのは、こんな風に並べると絵がつながって
いろいろな組み合わせが楽しめる、というもの。
f0118538_13134921.jpg
そしてこちらはロカちゃんが作ったキャンドルグラス。
サンドブラストという手法で絵がガラスに彫り込んであります。
これも初めて火を入れてみたのですが、まわりに絵のシルエットが映ってとても幻想的でした。
f0118538_13135610.jpg
メリークリスマス!
手作りのろうそくの光の中、家族とおいしいごはんやケーキを食べて過ごした時間は、
これまでの忙しさをすっかり忘れさせてくれました。

(みなさま、よい年をお迎えください!)
by iwaisanchi | 2010-12-30 13:14 | ◆このごろのいわいさんち
雪だるまのアドベントカレンダー
本日12月28日から、美術館はお休みに入りました。
年明けのスタートは、1月5日です。
動物園のほうは今日までやっています。動物園はお正月明けすぐの1月2日から開園です。
冬休みの間に、ぜひみなさんおいでください!

**

さて、このところイベント続きで、この「いわいさんちweb」も
お知らせばかりになってしまっていましたが、ようやく少し落ち着いたので
今回はわが家のクリスマスのことを書いておきましょう。
まずは今年のアドベントカレンダーです。

手作りでアドベントカレンダーをつくりはじめて、今年で5年めくらいでしょうか。
最初は市販のもののように、単に箱型のカレンダーの中にお菓子を入れていたのですが
毎年作っているうちに、それでは満足できなくなって、
だんだん世の中のアドベントカレンダーのイメージとは遠いものになってきました(笑)

カレンダーからお菓子が出てくるだけでも子どもたちはうれしいのですが
どうせなら、子どもたちと一緒に作り、楽しく遊べるものにしたいな、と
工夫を凝らすようにしています。

そこで、今年考えたアドベントカレンダーはというと・・・「雪だるまたちと雪合戦!」(笑)
f0118538_9493842.jpg
まずロカちゃん、ゆゆちゃんと一緒にいろんな雪だるまの絵を
ボール紙に描いてハサミで切り抜きます。
f0118538_9494790.jpg
その絵に、100円ショップで見つけた円形のマジックテープシールを貼り付けます。
(マジックテープのギザギザしているほうを使います)
f0118538_9494342.jpg
いろんな雪だるまたちができあがりました!
下段の一番左がゆゆちゃんの作ったもの。
その右側3人はロカちゃんの雪だるま。どれも面白いですね。
雪だるまたちの持っている雪玉のところに、マジックテープが貼ってあります。
f0118538_9491989.jpg
さて、次は雪だるまたちをセットする背景を作ります。
ダンボール箱を半分に切って、額縁のような浅めの箱にします。
f0118538_9492534.jpg
そこに、こんな形に切ったダンボール板に白いえのぐを塗ったものを貼っていきます。
f0118538_9493021.jpg
雪合戦の背景となる雪山の風景が出来上がってきました。
f0118538_9495284.jpg
その背景の好きなところに、先ほどの雪だるまたちを立てていきます。
f0118538_9495638.jpg
こんな風に、ダンボール板を重ねた雪景色の間に
雪だるまや木を差し込んでいるので、場所も自由に変えられます。
f0118538_950049.jpg
雪だるまたちとの雪合戦の風景が出来上がりました!
f0118538_950536.jpg
そして、肝心のお菓子のほうは、色とりどりの箱の中に入れて
天井からぶらさげました。
f0118538_833513.jpg
あと、用意したのは羊毛ボール。
これはロカちゃんに作ってもらいました。
f0118538_9501061.jpg
それでは、雪合戦開始!羊毛ボールを雪だるまたちに向かって投げつけます!
f0118538_9501428.jpg
えいっ!
f0118538_9501984.jpg
的が小さくて、なかなか当たりませんでしたが、何度もやるうちに
羊毛ボールが、マジックテープにくっついて命中!
f0118538_9502434.jpg
お菓子の箱には、それぞれ雪だるまたちのかぶっている帽子と同じ絵が描いてあります。
f0118538_9502813.jpg
雪玉が命中すると、同じ帽子の絵の箱がもらえる、というわけです。
f0118538_9503369.jpg
ゆゆちゃんの取った箱からはグミキャンディが、ロカちゃんの箱からはクッキーが出てきました!

この日から、毎朝雪だるまと雪合戦するのが子どもたちの日課になりました(笑)
by iwaisanchi | 2010-12-28 10:50 | ◆このごろのいわいさんち
段ボールカメラ
暑い日が続きますね~
みなさん、元気に夏を楽しまれていますか?

少し時間が経ってしまいましたが、
7月29日付の朝日新聞朝刊・大阪版に
「自由研究はおもしろふしぎ世界!」と題した全面見開きの記事が載りました。
f0118538_17113295.jpg
その中で、依頼を受けて岩井パパは自由研究向けの工作を2つ紹介しました。

f0118538_17141593.jpg
                                         (クリックすると拡大します)

ひとつめは、おなじみの「リベットくん」。
そしてもうひとつは、段ボール箱と虫メガネで作る「段ボールカメラ」です。

今回は、この「段ボールカメラ」を紹介したいと思います。
f0118538_1842959.jpg
材料は、段ボール箱と、虫メガネ、トレーシングペーパー。
段ボール箱は、ここではA4サイズという横幅30cmくらいのものを使いましたが
ある程度の大きさがあれば、なんでも構いません。
虫メガネは100円ショップで買いました。
f0118538_18422066.jpg
まず、段ボールの片側をフタをします。
そして中央に虫メガネのレンズと同じ大きさの穴を開けます。
f0118538_18421556.jpg
そして、外側に虫メガネを固定します。
ここでは、デザイン性も考えて、ドーナツ型に切り抜いた段ボール板でしっかり固定しましたが、
テープなどで簡単に留めるだけでも大丈夫です。
f0118538_18422474.jpg
次に、スクリーンをつくります。
箱の内側にぴったり収まるように、このような枠を他の段ボールでつくり、
トレーシングペーパーを貼ります。
f0118538_1842298.jpg
そして、スクリーンを箱の内側にはめれば、もう完成!
余裕があれば箱の表面に絵を描いたり、色を塗って仕上げましょう。
f0118538_18423329.jpg
カメラを両手で支えて、虫メガネを明るい方向へ向けると……
f0118538_18423889.jpg
こんな風に、風景がスクリーンに映ります!
(風景は上下さかさまになります)
うまく映らない場合は、スクリーンを前後にずらしてピントを合わせてみましょう。
また、スクリーン側が暗いほうがよく見えるので、室内から明るい外を見るのがよいです。
f0118538_18424253.jpg
こんな簡単な仕組みでも、予想外にきれいに映像が映って驚くはずです。
ぜひ試してみてください。

ちなみに岩井パパが子どもの頃は、よく石鹸の空き箱を使って
小さなピンホールカメラを作って遊びました。
石鹸が包まれている半透明の紙がそのままスクリーンに使えたんですね。
他に何の材料も要らないので、僕にとっては、
新しい石鹸箱はまるでピンホールカメラのキットのように思えました(笑)

新しい牛乳石鹸を箱から出した時のいいにおいと、
手作りピンホールカメラの、ちょっとボケた
小さくて愛おしい映像が一緒に思い出されます。
by iwaisanchi | 2010-08-18 17:12 | ◆このごろのいわいさんち
朝日新聞にインタビュー記事が載りました
岩井パパです。みなさん、コメントありがとうございます!
(個別にお返事できずに申し訳ありません、、、
でも、全部とてもうれしく読ませていただいています!)

子どもたちは、いよいよ夏休みに突入しましたね!
この時期、パパのところにも、夏休み関連の取材がいくつかありました。
そのひとつがこれ。朝日新聞生活欄の夏休み特集です。
f0118538_9124876.jpg
(クリックすると拡大します)                      2010年7月20日朝日新聞朝刊より

パパの新刊『アイデアはどこからやってくる?』を読んで興味を持ってくれた記者の方による
取材だったのですが、とてもうまくまとめてくださいました。

夏休みの工作や自由研究のヒント、ということでわが家の遊びもいくつか紹介しています。
ただ、新聞のモノクロ写真だけだとわかりにくいので、
この記事に関連した写真をここでご紹介しますね。

まず、「動く木の人形」というのはこれ。
f0118538_9474641.jpg
わが家の庭のユーカリの木がどんどん育つので
毎年枝落としをするのですが、今年は枝を捨てないで乾燥させてとっておきました。
それを使って、先日ロカちゃんと作ったものです。
枝をノコギリで細かく切ったあと、つなぎたい部分にドリルで穴を開けて、
短く切った竹串でつないでいます。
f0118538_9503214.jpg
頭や手足は動かせるので、こんな風にポーズを変えたり上に乗せたり。
遊んでいるうちに、そうだ!人形アニメができるかも?と気がつき、
デジカメで簡単にコマ撮りしたら、とても面白かったです。

そして「にじいろかき氷」は、2年前の夏にわが家でやった遊びです。
詳しくは、以下の2つの記事をご覧ください。

かき氷で色実験
にじいろかき氷屋さん

あと、本文中に書いてある、「メロンの皮を使ったカメの人形」というのは
これです!
f0118538_955158.jpg
マスクメロンを食べたあと、皮の模様を見ているうちに
ふと思いついて作ってみたものです。
f0118538_9475791.jpg
ダンボールをカメの体の形に切り抜いて、
メロンの皮を乗せただけですが、ゆゆちゃんは大喜び!
名前はカメロン?
スイカとかでもできそうですね。
ただ、この時期すぐにカビるので、お気をつけください(苦笑)

みなさん、夏休みを楽しみましょう!

P.S.
この記事は、関西方面には載っていないようですが、
偶然、朝日新聞の関西版からは別の取材を受けました。
月末には掲載されるそうなので、お楽しみに。
by iwaisanchi | 2010-07-23 09:17 | ◆このごろのいわいさんち
絵日記
f0118538_11265496.jpg

by iwaisanchi | 2010-05-25 11:27 | ◆このごろのいわいさんち
庭に小鳥を呼ぶ その6 ~小鳥の切り紙窓飾り
庭に来るようになった小鳥たちのかわいい姿に
連日盛り上がるわが家。
でも、ただ見ているだけじゃもったいない。
そう考えたパパは、ロカちゃんと相談して
小鳥をモチーフにした切り紙をすることにしました。
f0118538_12353378.jpg
切り紙に使うのはこんな色の上質紙。
クリスマスの時は白一色に統一したのですが、
今回は、まもなくやってくる春の楽しい雰囲気を出したいので
パステルカラーの淡いきれいな色を選びました。
f0118538_12354048.jpg
ロカちゃんとふたりで、庭にやって来る小鳥たちの様子を思い出しながら
ハサミでジョキジョキ紙を切っていきます。
f0118538_12355567.jpg
メジロやシジュウカラをイメージした小鳥たち。
f0118538_12355024.jpg
そして、ミカンやリンゴ、木の枝。
ヒヨドリは、うすグレーの紙を使います。
f0118538_12355963.jpg
できた切り紙を配置を考えながらテーブルの上に並べていったら、
とても楽しい雰囲気になってきました。
f0118538_1236420.jpg
考えた順番通りにセロテープで窓に貼ります。
f0118538_1236888.jpg
ヒヨドリは、ロカちゃんのアイデアで羽に動きをつけてみました。
リンゴを食べにくるときは、確かにこんな感じです。
f0118538_12361899.jpg
できました!
窓の光が透き通って、とてもきれいです!
by iwaisanchi | 2010-03-04 11:15 | ◆このごろのいわいさんち
庭に小鳥を呼ぶ その5 ~鳥の音を聴く
小鳥を呼ぼうと、思い立ってから約1ヶ月。
試行錯誤のかいあって、
わが家の庭にはいろいろな野鳥がやってくるようになりました。
f0118538_13244166.jpg
まず、シジュウカラ。ヒマワリの種がお気に入り。
頭と胴体の白黒と、羽の薄緑の組み合わせはほんとうにきれい。
なぜこんなにスタイリッシュ?と思うような色のバランスです。
f0118538_13213414.jpg
それから、何度見てもうれしくなるメジロ。
緑色の微妙なグラデーションがすばらしい。
リンゴだけでなく、オレンジも大好物です。
f0118538_13213951.jpg
そして、ヒヨドリ。
大きいので来たときは迫力があります。
グレーと茶色の組み合わせも深みがあってきれい。
大食いで力もあるので、食べかけのリンゴやミカンをすぐ地面に落とします(苦笑)
f0118538_13214590.jpg
ヒマワリの種をスズメも食べに来るようになりました。
集団で来るのはかわいいけれど、シジュウカラに比べてなんとも行儀が悪い!
シジュウカラは枝にとまって種をひとつずつていねいについばむのですが、
スズメは、種をあたりに撒き散らします・・・(苦笑)

それぞれの鳥に個性があって本当に面白いです。

***

さて、家の中から窓越しに小鳥を観察していると
ちょっと残念なのは、せっかくの鳴き声があまり聴こえないこと。
窓を開けるとこの時期寒いし、小鳥に気配をさとられてしまいます。

そこで、試しに小型マイクで小鳥の声を聴いてみることにしました。
f0118538_13214956.jpg
こんな風に、えさ台の近くにマイクを仕込み・・・
f0118538_13215563.jpg
ヘッドホンにつないで、家の中から音を聴くんです(笑)
試してみると、外の情景がとてもリアルに感じます!
f0118538_1322196.jpg
でも、いいタイミングでなかなか鳴き声は聞こえません。
えさを食べるときは鳴かないのかもしれませんね。

いろいろ試しているうちに、そういえばシジュウカラが
ヒマワリの種を食べるときに、必ず枝にとまって種をつつくことを思い出しました。
あれって、音がするのかな?

マイクを、シジュウカラがよく来る1つ目のえさ台の
枝の裏側にしっかりテープで取り付けました。
枝を伝わって音が聴こえるかもしれません。
f0118538_1322557.jpg
ヘッドホンを耳につけ、しばらく待つと・・・やってきました!
そして、聴こえてきた音にびっくり!!!

シジュウカラがヒマワリのタネを割る音です!


まるでキツツキのような「コンコンコン!」という派手な音に
家族みんなで驚いたのでした。
by iwaisanchi | 2010-03-02 14:39 | ◆このごろのいわいさんち


カテゴリ
その他のジャンル