いわいさんちwebへ
ようこそ!
by 岩井俊雄

このブログトップへ

岩井パパがつくったもの

◆アイデアはどこからやってくる?
[河出書房新社刊]
岩井パパの発想と
創作の秘密がここに!



◆ちか100かいだてのいえ
[偕成社刊]
こんどは地下へ!
地球の中には何がある?



◆ビッグブック
100かいだてのいえ
[偕成社刊]
高さ116cm×幅20cmの
大型絵本になりました!



◆光のえんぴつ、
時間のねんど
図工とメディアをつなぐ
特別授業
[美術出版社刊]
小学校の全学年で取り組んだ特別授業の記録です。



◆100かいだてのいえ
[偕成社刊]
初めての描き下ろし
絵本です。
空までとどく不思議な家を
のぼってのぼって探検しよう!



◆いわいさんちの
リベットくん
[紀伊國屋書店刊]
作る・動かす・
物語が生まれる。
かわいくてあったかい、
親子で遊べる
手作りおもちゃ。
キット付もあります。



◆どっちが?絵本
[紀伊國屋書店刊]
わが家の遊びが
3冊セットの
絵本になりました!



◆いわいさんちへ
ようこそ!
[紀伊國屋書店刊]
パパとロカちゃんが考えた遊びや工作がたくさん載っています。



◆エレクトロプランクトン
ニンテンドーDSで体験する
音と光のメディアアート。



◆TENORI-ON
光と音を演奏できる
21世紀のデジタル楽器。


◆TENORI-ON開発日誌
もうひとつ
ブログやってます。
岩井パパの
アート・音楽関連の
最新情報はこちらから!

以前の記事
検索
カテゴリ:◆お知らせです!( 62 )
ほぼ日「担当編集者は知っている。」
僕の『どっちが?絵本』の担当編集者、紀伊國屋書店の藤崎さんが
ほぼ日刊イトイ新聞の「担当編集者は知っている。」のコーナーにコラムを書いてくれました。

「担当編集者は知っている。」
担当編集者/紀伊國屋書店出版部 藤崎寛之


◆『いわいさんちの どっちが?絵本 3冊セット』
http://www.1101.com/editor/2006-12-12.html

藤崎さんは、今年の3月に『いわいさんちへようこそ!』についても書いてくれています。

◆『いわいさんちへようこそ!』
http://www.1101.com/editor/2006-03-28.html

どちらも、著者である僕とは違った視点で見た本作りの裏話。面白いです。

藤崎さんも僕と同じ2人の小さな女の子のお父さんです。
もともと専門的な難しい本ばかり出版してきた紀伊國屋書店が
僕の『いわいさんちへようこそ!』のような柔らかい本の出版に踏み切ってくれて
さらに『どっちが?絵本』を含めて、9ヶ月ほどの間になんと計4冊も出せたのも
ひとえにこの藤崎さんとの出会いがあったからこそです。

本がなければ、このいわいさんちwebもなかったわけで、
人との出会いの大切さ、それも良き同志との出会いの大切さを
つくづく感じています。

藤崎さんのコラムにあるように、今後もがんばって
楽しい本を作っていきたいと思っています!
by iwaisanchi | 2006-12-13 20:34 | ◆お知らせです!
今週金曜日をお楽しみに~
f0118538_13234915.jpg「いわいさんちweb」を初めてのぞいていただいた方、こんにちは!
そしていつも見に来てくださっている方、ありがとうございます!

いわいさんちのパパこと、岩井俊雄です。
今日は、ちょっとお知らせというか、予告があります。

この「いわいさんちweb」がオープンして、まだほんの10日ちょっとですが、
さっそく僕とロカちゃんのお絵かきや工作に触発され、
親子で何か作りたいと思ったり、実行してくれた方たちが
増えているようでとてもうれしいです。

そのうれしい輪をもっと大きくするために、
さらにこのブログを使った参加型の企画ができないかなあ、と考えました。

まだ内容は秘密ですが、今週の金曜日、12月8日に
大発表するつもりですので楽しみにお待ちください~

by iwaisanchi | 2006-12-05 13:24 | ◆お知らせです!


カテゴリ
人気ジャンル