いわいさんちwebへ
ようこそ!
by 岩井俊雄

このブログトップへ

岩井パパがつくったもの

◆アイデアはどこからやってくる?
[河出書房新社刊]
岩井パパの発想と
創作の秘密がここに!



◆ちか100かいだてのいえ
[偕成社刊]
こんどは地下へ!
地球の中には何がある?



◆ビッグブック
100かいだてのいえ
[偕成社刊]
高さ116cm×幅20cmの
大型絵本になりました!



◆光のえんぴつ、
時間のねんど
図工とメディアをつなぐ
特別授業
[美術出版社刊]
小学校の全学年で取り組んだ特別授業の記録です。



◆100かいだてのいえ
[偕成社刊]
初めての描き下ろし
絵本です。
空までとどく不思議な家を
のぼってのぼって探検しよう!



◆いわいさんちの
リベットくん
[紀伊國屋書店刊]
作る・動かす・
物語が生まれる。
かわいくてあったかい、
親子で遊べる
手作りおもちゃ。
キット付もあります。



◆どっちが?絵本
[紀伊國屋書店刊]
わが家の遊びが
3冊セットの
絵本になりました!



◆いわいさんちへ
ようこそ!
[紀伊國屋書店刊]
パパとロカちゃんが考えた遊びや工作がたくさん載っています。



◆エレクトロプランクトン
ニンテンドーDSで体験する
音と光のメディアアート。



◆TENORI-ON
光と音を演奏できる
21世紀のデジタル楽器。


◆TENORI-ON開発日誌
もうひとつ
ブログやってます。
岩井パパの
アート・音楽関連の
最新情報はこちらから!

以前の記事
検索
カテゴリ:◆100かいだてのいえ( 48 )
今日の朝日新聞
朝、いつものように郵便受けから新聞を取って
ペラペラめくっていたら……
f0118538_6313110.jpg
オーサー・ビジット2009の記事が載っていました!
岩井パパが行ったのは、福島県いわき市にある、いわき市立入遠野小学校。
自然豊かな山あいにある、全校生徒85人の小さな小学校です。
そこの6年生の子どもたち14人と一緒に、
リベットくんでアニメーションを作る授業をやってきました。
楽しそうないい写真が載ってうれしいです。
(そのうち、webでも紹介されるらしいのでお知らせしますね)
f0118538_6312437.jpg
そして、同じ新聞ページ右下には、大きく『ちか100かいだてのいえ』の広告が!!
f0118538_631164.jpg
偕成社の秋重さんから、
「発売前ですが、同じタイミングで広告を出すことになったらしいです」、と
聞いてはいたのですが、かなり大きい広告だったのでびっくりです。

昨年の『100かいだてのいえ』発売時は、ほとんど何もなかったのですが(笑)
今回は出版社や書店さんの期待も大きく、いろいろなことが動き始めていて、
うれしい反面、大丈夫かなあ…とちょっと心配になっています。
by iwaisanchi | 2009-10-30 22:31 | ◆100かいだてのいえ
『ビッグブック 100かいだてのいえ』が発売になりました!
先月紹介しました『ビッグブック 100かいだてのいえ』が、今週ついに発売となりました!
f0118538_8585247.jpg
たぶん、絵本史上これまでになかった?、
タテ1m16cm、ヨコ20cm、厚さ2cmの細長くて巨大な絵本です!
f0118538_2047487.jpg
なんといっても、立てたときに小さい子どもたちの背よりも高くなって
本当のタワーのように見えることが自慢です。
タテ開きをやめたことで自立するようになり、読み聞かせにも便利になりました。
f0118538_20471229.jpg
そして、僕自身びっくりしたのは、こんな風に昼から夜へと変化する空の色が
ものすごくきれいなグラデーションになって現れたこと!
実際のビッグブックができあがるまで、予想もしませんでした。
オブジェとして部屋にも置けそうなほどきれいです。

***

ちなみに、ビッグブック(大型絵本)は、
どれも基本的に幼稚園や小学校、図書館などに向けて販売されるもので
発行部数も少部数ということもあって、一般書店にはほとんど流通していません。
残念ながら、この『ビッグブック 100かいだてのいえ』も店頭には並ばないと思います。
(実物をご覧いただけないのが、とても残念です!)

ただ、偕成社に聞いたところ、もし個人で購入されたい場合は、
お近くの書店から注文していただければ買えるそうです。
その場合は、以下を書店にお伝えくださるとスムーズ、とのことでした。

書名:『ビッグブック 100かいだてのいえ』
出版社:偕成社 著者:岩井俊雄
ISBNコード: 978-4-03-331740-3 

価格は税込8400円です。
また、偕成社のHPからも購入できるようです。

あまりいらっしゃらないと思いますが(笑)万が一、買っちゃった!という方、
また今後、図書館などで見た!という方がいましたら、
初めて見たときの印象やお子さんの反応などを聞かせてくださいね。

P.S.
新作『ちか100かいだてのいえ』のほうなのですが、
発売日が10月末から少し遅れることになって、11月10日予定となりました。
いま、印刷屋さんが一生懸命刷ってくれています。
楽しみに待っていてくださった方、本当にすみません!
もう少しお待ちください~
by iwaisanchi | 2009-10-28 20:47 | ◆100かいだてのいえ
小学校の階段を使った「70かいだてのいえ」
僕の『100かいだてのいえ』に触発されて、
小学校の階段を使って、こどもたちが「70かいだてのいえ」という作品を作ったと聞いて、
偕成社の担当の秋重さんと一緒に見に行ってきました。
f0118538_15273365.jpg
その小学校は、東京・板橋区にある高島第五小学校。
高島平の巨大な団地が立ち並ぶ中にある小学校です。
そこの図工の大畑先生が考えてくれたのがこれ。
f0118538_1527531.jpg
階段ひとつひとつに、子どもたちが描いた部屋の絵が貼ってあります!
4階建ての校舎の階段を1段1段のぼりながら、作品を見ていける趣向になっているんです。
階段数が全部で69段あって、最上階の図工室を含めて「70かいだてのいえ」だそう。
f0118538_15275927.jpg
描いてくれたのは、5年・6年生のこどもたち。
2~3週間分の図工の時間を使って描いたというだけあって、
みんなとても細かく描き込んでいます。
色使いがどれも淡くてきれいなので、なぜなのか聞いてみたら、
水彩えのぐではなく、凧に絵を描くための染料を使っているそうです。
全体の雰囲気をそろえたくて、その画材を使うことにしました、と大畑先生。
なるほど~ワザありですね!
f0118538_1528583.jpg
ただ全体を見るだけでなく、実際に自分も上にのぼりながら鑑賞できるところが、
すごくいいアイデアだと思いました!
(絵が上履きで汚れないように全部ラミネートしたそうです)

これを考えてくれた図工の大畑先生とは、
一年ほど前に、東京都図工研究会という
都内の図工の先生たちの集まりで対談をすることになって知り合いました。
ずいぶん前から僕の仕事を見ていてくれて、
ご自分でもいろいろ工夫してパソコンや映像を取り入れた
とてもユニークな図工の授業をやられている先生です。

見学に行ったこの日は学校公開で、実際の授業を見せていただいたのですが
子どもたちが自分の身体を動かして、その動きにヒントを得て絵を描くという
面白いものでした。

ついでに大畑先生のおすすめで、音楽の先生の授業も
見学させていただいたのですが、こちらもとてもユニークで
1年生のこどもたちが輪になって全員でアフリカンドラムを叩く
「ドラムサークル」というものを取り入れた大迫力の授業。

その音楽の菊本先生にもいろいろお話を聞くことができました。
「ドラムサークル」を使ったオリジナルの音楽授業だけでなく、
ゴーヤやヘチマなどを子どもたちが、校庭から校舎の屋上まで届くくらい大きく育て
それを通して地球環境を考えたり、収穫した実を家庭科で調理したりと
さまざまな授業に生かす「緑のカーテン」プロジェクトも推進されているそうです。

いろいろな取り組みがどれも素敵で
思いがけず大きな刺激をたくさん受けて帰ってきました。

僕も、ロカちゃんの小学校で特別授業をやるようになって
小学校という場の可能性を考えることが多くなってきていたので
まだまだ小学校でやれることはたくさんありそう……
そんな想いをめぐらすことができた一日となりました。
by iwaisanchi | 2009-10-17 15:28 | ◆100かいだてのいえ
みんなの100かいだてのいえ in ラゾーナ川崎
丸善ラゾーナ川崎店に応募された「みんなの100かいだてのいえ」の絵から
100階分を選んでつないでみました!

店頭にあった180枚以上の中から50枚をその場でササッと選んだものです。
他にもいいのがたくさんあったのですが、掲載されていなかったらごめんなさい。

みんな、とっても細かく描いてくれていてすごいです。
スクロールしながらお楽しみください。

お気に入りのお部屋があったら教えてくださいね!
f0118538_18202783.jpg
f0118538_18203972.jpg

by iwaisanchi | 2009-09-25 03:08 | ◆100かいだてのいえ
丸善ラゾーナ川崎店に行ってきました
丸善ラゾーナ川崎店で『100かいだてのいえ』が盛り上がっている、と聞いて
先日偕成社の担当さんと一緒におじゃましてきました。

川崎駅を降りると、駅のすぐ真横に巨大なショッピングモールが。
それがラゾーナ川崎プラザでした。こんなに近いとはびっくりです。
f0118538_18252019.jpg
駅の改札階からエスカレーターを降りると、すぐに丸善がありました。
周りは食品売り場なのでなんだか不思議な組み合わせ。
あたりには、おいしそうな匂いがただよっています(笑)
f0118538_18252871.jpg
広々とした店内の真ん中あたりに児童書売り場があり、
そこに『100かいだてのいえ』がたくさん詰まれていました。

実は、このお店では『100かいだてのいえ』が
これまでになんと約1000冊も売れたらしいんです!
ネット書店をのぞいて、実際の店舗を持つ書店では堂々日本1位!

そして、それだけ売れたのにはちゃんと秘密がありました。
f0118538_18255512.jpg
その秘密がこれです!
『100かいだてのいえ』の絵をみんなが描いて投稿できる
「みんなの100かいだてのいえ」のコーナーが作ってあるんです。
f0118538_1826332.jpg
投稿された作品はすぐにこうして貼り出されます。
f0118538_182612100.jpg
それがグングン伸びて……
f0118538_1825356.jpg
ついに柱だけでは高さが足りなくなったので、天井まで!
f0118538_1825424.jpg
ちゃんと100階まで貼ってくれたのがうれしいですね!
10階ごとに表示があるのも、とても親切です。
f0118538_18262460.jpg
そして笑ったのはこれ!
よく工事現場に貼ってある看板が作られていました。いいですね~
f0118538_18263111.jpg
さらに上のほうの作品を見るための双眼鏡まで置いてありました!
細やかな配慮とユーモアが素晴らしいです。
f0118538_18263758.jpg
100階を超えた分は、ちょっと離れたところの壁に貼られていました。
数えたら、こちらだけで266階分あったので、現在「みんなの100かいだてのいえ」は3軒半!
この日も、応募箱には何枚か新しい作品が投稿されていました。
f0118538_18283892.jpg
みんなの描いてくれた絵が、あまりによく描けているのに感激したので
僕もその場で色紙を描いて、隣に貼ってもらうことにしました。

***

実は、この「みんなの100かいだてのいえ」のアイデア、
もともとこの丸善ラゾーナ川崎店のお店の方が思いついたものなんです。

今年のはじめに偕成社の担当さんを通して相談があり、
それならちゃんとハガキサイズの用紙を印刷で作ろう、ということになりました。
用紙を渡した後にどうなったか知らなかったのですが、こんなに盛り上がっていたとは!

お店の人に聞くと、この展示を始めた4月当初は、20階まで集まるのに1ヶ月くらいかかったそう。
ところが、それが呼び水になったのか、それからはあっという間に100階に到達し、
夏休みまでには、こんなに作品が集まったそうです。
同時に販売数もグーンと伸びて、累計約1000冊に!
3年前の開店以来、絵本単品でこれだけ売れたものは他にないそうです。

実際に来てみて、店頭のさまざまな工夫も素晴らしいし、
お店の人自身が面白がってくれているのがいいなあ、とつくづく思いました。

お店を訪れた人たちにも、それが伝わるんでしょうね。
投稿して何かもらえるわけでもないし、
自宅で描いた絵を、もう一度お店に持ってくる労力を考えると、
本当に、みなさんこの企画を気に入って楽しんで参加してくれているようでうれしいです。

僕は、自分のつくったものをきっかけに、いろいろな人が刺激を受けて、
何かを自分でつくりだしてくれたらいいなと常々思っているのですが
ここでは、書店さん・読者のみなさんにその思いが伝わったのが
リアルにわかって、とても幸せな気持ちになりました。

ところで、掲示されていた「みんなの100かいだてのいえ」の絵が
とても素敵だったので、その場で100階分を選んで
丸善さんからお借りすることにしました。
次回このブログで紹介しますので、お楽しみに!
by iwaisanchi | 2009-09-24 11:38 | ◆100かいだてのいえ
ビッグブック 100かいだてのいえ
『100かいだてのいえ』が、ビッグブックとして刊行されることになりました!

ビッグブック(大型絵本)とは、図書館や幼稚園などで
読み聞かせに使われる巨大サイズの絵本です。

通常の絵本と違って、普通の書店には流通せず
絵本専門店の店頭などでたまに見かける程度なので
一般の方はほとんどご存知ないかもしれません。

市場が限られていることもあり、偕成社さんでも、無数にある絵本の中で
ビッグブックとして販売されているのはたったの12冊。
それも『はらぺこあおむし』、『すてきな三にんぐみ』、『からすのパンやさん』、
『おばけのバーバパパ』、『とべバッタ』など、超名作ばかりです。

そんな中に、僕の『100かいだてのいえ』も入れてもらえることになって大喜び!
f0118538_928261.jpg
さっそく担当さんが、カラーコピーで実物サイズのダミーを作ってくれました。
開くと長さは1m以上にもなります。
ゆゆちゃんが、全身で乗っかることもできる大きさは大迫力!

……ところが、大きな問題が発覚してしまいました。
なにしろ、普通の絵本と違って『100かいだてのいえ』はタテに開きます。
写真のように、床にべったり置くのならいいのですが、
垂直に持とうとすると重すぎるんです!

うすうす予想はしていたのですが、実物を持ってみてガーン。
これではグループの読み聞かせに使えそうにありません……
f0118538_928371.jpg
困ったね、ということになって、次に作ってもらったのは写真右側のもの。
画面を少し小さくして、上下に手提げ用の穴を開けてもらいました。
ずいぶん持ちやすくはなったのですが、
根本的に重さはほとんど変っていないので、
やっぱりずっと垂直に持ちながら読むのは苦痛です。

……さあ、困ってしまいました。
専用のぶら下げ台を作る?という案も出たのですが、コスト的に難しそうです。

うむむむむ…と考えて、よし、それならいっそのこと!!と、ひらめきました。
そしてできあがったのはこれです。ジャーン!!
f0118538_8583749.jpg
思い切って、タテ開きをやめて普通の本のようにヨコに開くようにしました。
ただし、タテの長さは2ページ分。
ものすごく細長いビッグブックです。
もしかして史上初??
f0118538_8584646.jpg
高さは1m16cm、ゆゆちゃんの背よりもさらに高いんです。
これなら、本が自立するので楽に読み聞かせできるし、
なにしろ、絵本自体が「100かいだてのいえ」そのままに
タワーのようにそびえ立っているのが最高に愉快です!
f0118538_8585247.jpg
元の絵本と比べると、こんなに違います。
カバーのデザインも変えました。
表紙だけ見たら、とても絵本とは思えませんよね(笑)
抱えてみると、細長いせいで意外とバランスが取れて運びやすいんです。
f0118538_8585879.jpg
開いて比べるとこんな感じ。
大きさで約2倍。面積的には4倍です。
f0118538_859481.jpg
もともと『100かいだてのいえ』は、タテに開くことで
絵本を一種の体験装置にしてしまおうと考えて作ったものですが
このビックブック版も、これまでにない本の形を提案できて大満足。
これが小さな子どもたちの目にどう映るのかすごく楽しみです。

今、見本を偕成社の営業さんが、一生懸命あちこちに持っていって
見せてくれているのですが、どこでも驚かれ、大好評だそうで、
一般の書店さんからも店頭に置きたい、という声がでているらしいです。
そのうちどこかで見ていただけるかもしれません。

発売は『ちか100かいだてのいえ』と同じく10月末の予定です。
これまでの偕成社のビッグブックシリーズよりも
ちょっと価格を抑えてもらえることになって税込み8400円。
(他のビッグブックは1万円くらいします)
図書館、幼稚園、保育園、小学校などの担当者の方、
ぜひよろしくお願いします!
by iwaisanchi | 2009-09-20 08:58 | ◆100かいだてのいえ
『100かいだてのいえ』シリーズ第2弾!
ついに新しい絵本の発売が決まりました!
f0118538_2045168.jpg
タイトルは、『ちか100かいだてのいえ』。
そうです、『100かいだてのいえ』の続編です!

今度は、地面の下の世界を描いてみました。
続編といっても、前の『100かいだてのいえ』の続きではなく、
まったく別のお話で、主人公もトチくんではありません。
なので、『100かいだてのいえ』シリーズ第2弾、といったほうがいいですね。

昨年の夏ごろから構想を練り始め、執筆にほぼ丸1年かかりました。
前作『100かいだてのいえ』は1年半だったので、ちょっと速くなりましたが(苦笑)
前よりさらに絵を描き込んだのでとても時間がかかってしまいました。

その間に、『100かいだてのいえ』は何度も増刷されて、現在20万部(!)
台湾版と韓国版も出版されました。信じられません……

第2作目ということで、大きなプレッシャーを感じながら、
でも空へ伸びていくのとは、まったく逆の地下の世界は、
とても楽しく空想しながら描くことができました。

10月末に刊行予定なので、まだ1ヶ月半ほど先ですが
ぜひ楽しみにしていてください。

そして、実は10月は別の本の予定もあるんです。
今年前半は、こうした本の執筆にかかりっきりで
ブログもすっかり滞ってご心配をおかけしてしまいましたが、
また少しずつ新しい情報をお知らせしていけたらと思っています。

よろしくお願いします!
by iwaisanchi | 2009-09-16 20:46 | ◆100かいだてのいえ
紀伊國屋書店新宿南店でサイン会やります
4月26日(日)に、紀伊國屋書店 新宿南店でサイン会をやることになりました!
f0118538_10153674.jpg

『100かいだてのいえ』刊行記念 いわいとしおさんサイン会
■日時 4月26日(日)13:00~
■会場 紀伊國屋書店新宿南店 2階児童書売場
■参加方法
◎4月8日(水)10:00より、紀伊國屋書店新宿南店2階カウンターにていわいとしおさんの絵本をお買い上げの先着100名様に整理券を配布いたします。(お電話でのご予約は整理券に余裕があった場合のみ4月9日(木)10:00よりお受けいたします。 イベント当日までに絵本をご購入の上、整理券をお受け取りください)。
◎イベント当日はご購入いただいた絵本と整理券を必ずお持ちください。
■お問合せ 03-5361-3301
平日・日曜|10:00~20:00
土曜|10:00~20:30
◎定員になり次第、整理券の配布を終了させていただきます。整理券の残数については店にお問合せください。
(紀伊國屋書店のイベント情報ページより)


実は、「サイン会」というのをやるのは初めてなんです。
ワークショップやトークのあとに買っていただいた本にサイン、というのは
いつもやっているのですが、純粋なサイン会だけ、というのはやったことないんです。
新刊ではないし、サインだけでいいのかなあ…と心配になってます。
どのくらい人が来てくれるのかドキドキ…

ところで、このポスターの上のほうにも書いてあるのですが、
『100かいだてのいえ』が、「子どもの絵本大賞 in 九州」というので第1位になったそうです!
九州の書店さんが連携して昨年からはじめたイベントの第2回らしく、
4月末くらいから、フェアがおこなわれるみたいです。
(「子どもの絵本…」というところがポイントですね)

あと、詳細はわからないのですが、
第3回「書店員が選ぶ絵本大賞」というのでも第2位に選ばれたらしいです。

どちらもうれしい!
by iwaisanchi | 2009-04-12 10:16 | ◆100かいだてのいえ
『100かいだてのいえ』台湾版
『100かいだてのいえ』の台湾版ができました!
f0118538_0373539.jpg
実は2月には発売がはじまっていたらしいのですが、
なかなか見本が送られてこず、ようやく今日届きました。

すでに、台湾で『100かいだてのいえ』はとても好評だそうで、
台湾版のタイトルで検索してみると、ブログなどでたくさん紹介されています。
うれしいです。
f0118538_0374117.jpg
左が台湾版、右がオリジナルの日本語版です。
台湾版はカバーがありません。
この写真ではほとんどわかりませんが、色もちょっと濃い仕上がりです。

表紙などの手描きのひらがなは、
最初、台湾の出版社から誰かが描いた漢字に
差し替えられたものが送られてきたのですが、
絵の雰囲気と合わずにいまいちだったので、僕が全部書き直しました。
やっぱり自分の字だと漢字でもなじみます。

中身の文章も、もちろん全部漢字です。
例えば、ミツバチさんとの会話はどうなっているかというと・・・
f0118538_0374612.jpg
「こんど、レストランをひらくのよ。
ためしに たべてみて」
「じゃあ、このハチミツケーキをくださいな」
f0118538_0375154.jpg
「じょおうさまですね!
テントウムシさんから プレゼントです」
「うれしいわ! このペンダント ほしかったのよ!」

という具合に、なんだかとても難しい漢字が並んでいます(笑)

これを眺めていて、ふと疑問がわいてきました。
日本の子どもたちは、ひらがな・カタカナさえ読めるようになれば
絵本は、ほとんど自力で読めるわけですが
漢字ばかりの絵本では、ハードルがとても高そうです。

いったい台湾の子どもたちは何歳くらいで、
この漢字を全部読めるようになるのでしょう??

それとも、読み聞かせが基本なのでしょうか?
by iwaisanchi | 2009-04-04 23:38 | ◆100かいだてのいえ
本の雑誌 4月号 こども絵本座談会
f0118538_953697.jpg
偕成社の僕の担当さんから
「『本の雑誌』の今月号に面白い記事が載っていました。ぜひ読んでください!」と
連絡があって、さっそく本屋さんに買いにいってきました。
f0118538_9531440.jpg
その記事とは、巻頭の「絵本屋さん大賞をぼくらが読む!」という特集。
f0118538_9532013.jpg
どんな記事かというと、
今年頭に月刊MOE誌上で発表された「MOE絵本屋さん大賞」というのがあって
岩井パパの『100かいだてのいえ』も5位に選ばれたのですが、
大人(全国1000人の絵本屋さん)が選んだ、この「絵本屋さん大賞」を
子どもが選びなおす、というなかなか過激(笑)な記事なんです。
さすが「本の雑誌」。

実は、岩井パパもこの「絵本屋さん大賞」の結果を見たときの正直な印象は
『100かいだてのいえ』が5位に選ばれて、とてもうれしかった反面、上位に
大人っぽい絵本、お母さんが読んで感動しそうな絵本が多いなあ…だったので
その気持ちをまさに代弁してくれたかのようなこの記事には笑ってしまいました。

それで「本の雑誌」編集部に集まった、小1~小2の男の子2人と女の子1人が、
上位10作品を読んで、ランキングをつけなおした結果は・・・
f0118538_9532614.jpg
なんと3人とも、『100かいだてのいえ』が1位もしくは2位に!!

たった3人の子どもたちに読んでもらった結果なので、
これもかなり偏ってると思いますが、うれしい~~

記事には、選考後の子どもたちの座談会が載っているのですが
とっても鋭い意見ばかりで感心したり、ドキッとしたり。

MOE絵本屋さん大賞と、この「本の雑誌」の記事の2つがセットになったことで、
現在の日本の絵本という文化の立ち位置があぶりだされてくるようでとても面白かったです。

興味ある方は、見てみてくださいね。
by iwaisanchi | 2009-03-17 09:53 | ◆100かいだてのいえ


カテゴリ
その他のジャンル