いわいさんちwebへ
ようこそ!
by 岩井俊雄

このブログトップへ

岩井パパがつくったもの

◆アイデアはどこからやってくる?
[河出書房新社刊]
岩井パパの発想と
創作の秘密がここに!



◆ちか100かいだてのいえ
[偕成社刊]
こんどは地下へ!
地球の中には何がある?



◆ビッグブック
100かいだてのいえ
[偕成社刊]
高さ116cm×幅20cmの
大型絵本になりました!



◆光のえんぴつ、
時間のねんど
図工とメディアをつなぐ
特別授業
[美術出版社刊]
小学校の全学年で取り組んだ特別授業の記録です。



◆100かいだてのいえ
[偕成社刊]
初めての描き下ろし
絵本です。
空までとどく不思議な家を
のぼってのぼって探検しよう!



◆いわいさんちの
リベットくん
[紀伊國屋書店刊]
作る・動かす・
物語が生まれる。
かわいくてあったかい、
親子で遊べる
手作りおもちゃ。
キット付もあります。



◆どっちが?絵本
[紀伊國屋書店刊]
わが家の遊びが
3冊セットの
絵本になりました!



◆いわいさんちへ
ようこそ!
[紀伊國屋書店刊]
パパとロカちゃんが考えた遊びや工作がたくさん載っています。



◆エレクトロプランクトン
ニンテンドーDSで体験する
音と光のメディアアート。



◆TENORI-ON
光と音を演奏できる
21世紀のデジタル楽器。


◆TENORI-ON開発日誌
もうひとつ
ブログやってます。
岩井パパの
アート・音楽関連の
最新情報はこちらから!

以前の記事
検索
<   2007年 01月 ( 28 )   > この月の画像一覧
ブランコとなわばしご
昨年、わが家の地下の内装工事をしたとき、
工作部屋の天井には、重いものも吊るすことができるような
ネジ穴を開けておいてもらいました。
家の中に、子どもが遊べる仕掛けを作りたかったんです。

そして、早速作ったのがこれ。
f0118538_1985924.jpg
ブランコです!
これは、予想以上にものすごくロカちゃんが喜びました。
f0118538_20404098.jpg
実はロカちゃんは、あまりブランコが好きじゃなかったのです。
公園のブランコで、激しく揺らして乗っている子を見たりして
ブランコは危なっかしいもの、というイメージがついていたらしいんですね。
公園に遊びに行っても、ブランコではほとんど遊びませんでした。

それが、家の中にブランコができたとたん、大喜びで乗りまくりです!
公園のブランコは鉄製で無骨ですが、わが家のは、綿のロープに木の板。
優しいイメージがよかったのかもしれません。
自分の家の中で、誰にも気がねなく思いっきり遊べる安心感もあって
急に楽しめるようになったみたいです。

そのうち、公園のブランコも平気で乗れるようになりました。


さて、そのブランコを作ってから半年くらい経ったので
そろそろ別の遊びにしようかな、と
今度は、なわばしごのようにしてみました。
f0118538_17165767.jpg
ブランコのロープをそのまま流用し、
そのロープを以前ゴミの日に道で拾った紙パイプに通して作りました。
f0118538_1717468.jpg
たった4段のはしごですが、登り始めると揺れるし、
上まで登るのは結構大変です。
f0118538_17171120.jpg
ブランコとは遊び方がまったく違うので、ロカちゃんも楽しそうです。
これは、体力もバランス感覚も養われそうですね。
f0118538_17171644.jpg
いまのところ、ロカちゃんが自力で登れるのはここまで。
そのうち一番上まで登れるようになるでしょうか?
by iwaisanchi | 2007-01-06 19:09 | ◆このごろのいわいさんち
3ヶ月
わが家の次女、ゆゆちゃんが生まれてちょうど3ヶ月が経ちました。

大人が普通に過ごしていれば
あっという間に過ぎ去ってしまう3ヶ月という時間も、
生まれたばかりの赤ちゃんにとっては、大きな大きな変化をもたらす時間です。
ゆゆちゃんは、すでに体重が生まれた時の倍になりました。
首もすわり、表情もとても豊かになりました。

ゆゆちゃんが「いわいさんち」のメンバーに加わってから、
パパ、ママ、ロカちゃんの生活も
これまでとはがらりと変わりました。

ゆゆちゃんがわが家へ来てくれたことは
僕らにとって大きな喜びだったのはもちろんですが、
一方で、生活のサイクルや役割分担が変わり、
いろいろなことが大変になったのも確かです。
時には、家族全員ストレスがたまって、怒ったり涙したりしたこともありました。

この3ヶ月は、笑ったり泣いたりしながら
家族全員がそれぞれの役割や関係を見直し、
家族というものを築きなおすための時間だった気がします。

f0118538_1020428.jpg
ママのおなかから出てきて30分後のゆゆちゃん。

f0118538_10201155.jpg
そしてこちらは3ヶ月たったゆゆちゃんです。


これまで、この「いわいさんちweb」では
ロカちゃんを中心に、わが家のくらしや遊びを紹介してきましたが、
これからは、このゆゆちゃんの成長のことも
折々に書いていけたらと思っています。

僕としては、0才の子どもに対して、
どんなことができるかなあ、と考え始めています。
暖かく見守っていただければ、と思います。
by iwaisanchi | 2007-01-05 10:20 | ◆このごろのいわいさんち
感覚のリセット― [2]
紀伊國屋書店のフリーマガジン「スクリプタ」に連載中の
シリーズエッセイ『感覚のリセット』の第2回をおおくりします。
f0118538_22594117.jpg
今回は子どもの名前付けについて。
わが家の子どもたちの名前の秘密(?)について書いてみました。

お楽しみください。

エッセイを読む
by iwaisanchi | 2007-01-04 23:00 | ◆岩井パパのエッセイ
イチゴのへたの発見
f0118538_2274447.jpg
今日、朝食のあとにイチゴを食べました。
f0118538_22224555.jpg
その時、イチゴの”へた”をロカちゃんと一緒に
遊びでお皿に並べていたのですが
へたをしげしげと眺めているうちに、あることに気がつきました!
f0118538_2275331.jpg
それはへたの形が星型をしていることです!
知ってました?
f0118538_20789.jpg

葉っぱの先が分かれていたり、中には6枚のものもあるのですが、
基本は5枚の葉っぱが、このように星型に並んでいるものが多いようです。

へたの中心の軸の断面も5角形。
そのまわりにはおしべもあって、やっぱりイチゴは
花からできたもの、というのをあらためて実感しました。

よくよく観察すると、イチゴ自体も
上から見るとなんとなく5角形をしているようです。
特に赤い部分と白い部分の境目は、五角形の形がよくわかります。

イチゴのへたはすぐに捨てちゃうし、
イチゴもへたを取ったらすぐ食べちゃうので、
これまでゆっくり見たことなかったんですよね・・・。

今日の小さな発見でした!
by iwaisanchi | 2007-01-03 20:06 | ◆このごろのいわいさんち
ボールのかくれんぼ
凧揚げをひとしきりしたあと、
ロカちゃんがボールで遊びたい、と言い出したので
また家に戻って、ボールとフリスビーとなわとびを持って来ました。

そしてしばらくボールけりなどをしていたのですが
だんだんまわりに人が増えてきたので、別な場所のがいいね、と
いつもパパがウサギと出会う場所へ移動して遊ぶことにしました。
f0118538_1859551.jpg
行ってみると、あたり一面すごい量の落ち葉が積もっています。
それを見て、面白い遊びを思いつきました!

かくれんぼの要領で、ひとりが目隠しをして
「いーち、にーい、さーん、、、」と数えているうちに、もうひとりが
ボールとフリスビー、なわとびを枯葉の中に隠すのです。
そして、「もういいかーい」「もういいよー」の合図で、探し始めます!
f0118538_18591111.jpg
ボールは赤くて大きいので、隠しても枯葉が山になるのですぐに見つかります。
でもフリスビーとなわとびはちょっと難しいので、
フリスビーの黄色となわとびの緑色が
枯葉の間から少しだけ見えるように隠します。
この遊び、やってみると隠すほうも見つけるほうもとても面白く、
特に、ロカちゃんは見つけるほうの役がたいそう気に入ってしまいました。

そのうちパパは、枯葉の中だけでなく、
いろいろなところに隠すのを思いつきました。
f0118538_18591783.jpg
例えば、なわとびが木の枝からぶら下がっていたり、
木の枝のこんな高いところにフリスビーを隠します。
見つけたロカちゃんは木を登ろうとしますが、もちろん登れません。
f0118538_1859243.jpg
赤いボールは、というと柱の上に乗っているのが見つかりました。
さあどうやったら取れるでしょう?

(こちらが考えたのは、まずなわとびを見つけ、そのなわとびでボールを落とし、
最後にボールをフリスビーに当てて落とす、という筋書きです)
f0118538_18593136.jpg
フェンスに登り、なわとびを使って、
ボールを落とそうとしますがなかなかうまくいきません。
f0118538_18594019.jpg
そのうち、ロカちゃんは落ちていた木の枝を使ってボールを落とすことを思いつきました!
なるほど!
成功です!
f0118538_18595043.jpg
枝を使ってフリスビーも簡単に取れました!
f0118538_18595628.jpg
面白くなって、そのあともこんなところや、
f0118538_190241.jpg
こんなところに隠したりして、何度も何度も遊びました。

隠すのも、見つけるのも楽しくて、
段々とお互いに隠す場所が巧妙になっていくのも面白く、
外遊びの一つとして、とてもいいなあと思いました。
おすすめです!
by iwaisanchi | 2007-01-02 23:00 | ◆このごろのいわいさんち
たこあげにいこう
1月2日の朝。
ロカちゃんが、パパにお手紙をくれました。

「パパへ たこあげにいこう てうぶるでしゅうごう」

そうだ!お正月は凧揚げに行かなくちゃ!

去年のお正月に揚げたゲイラカイトは、骨が折れてしまったので
パパが夏に海外のおみやげで買ってきた、折りたたみ式の凧を持って
ロカちゃんと公園へと出かけました。
f0118538_17124989.jpg
この凧は、小さな布製のバッグを裏返すとそのまま凧になる、というすぐれものです。
f0118538_17125526.jpg
一生懸命走るロカちゃん。
でも、風があまりなく、走り続けないとすぐに落ちてしまいます。
そのうち二人とも汗だくになってしまいました。
f0118538_1713247.jpg
家への帰り道、もしかして、と思って
ロカちゃんの自転車のうしろに凧をつけてみたら、
見事に揚がりました!
(でも、本当は道路でやってはいけませんね)


家でお昼ご飯を食べたあと、もっと凧揚げをしようということになって、
壊れたゲイラカイトを修理することにしました。
f0118538_17131417.jpg
これが2年前に買ったゲイラカイトです。
もうボロボロだし、絵柄も気に入ってないので
どうせ直すなら絵も自分たちで描こう!ということになりました。
f0118538_17132050.jpg
ゲイラカイトから骨をはずし、半透明のゴミ袋から凧のビニールと同じ形を切り出しました。
それを両面テープで骨に貼りつけます。
(折れた骨は、接ぎ木をして直しました)

なんの絵にする?とロカちゃんに相談したら「カサがいい!」との答え。
なるほど、カサが空を飛んでいるのは面白そうです。
マジックで、カサを持ったペンギンさんを描いてみました。
ちょっとメアリーポピンズみたいですね。
f0118538_17132676.jpg
ロカちゃんも、カサを持ったペンギンの子どもたち、
そしてカエルとカタツムリの絵を描いて、
背景の余白には、いっぱい雨つぶを描きました。
f0118538_17133245.jpg
そして、もう一度公園へ。
さあ揚がるでしょうか?
f0118538_17133738.jpg
揚がった!
f0118538_17134326.jpg
下から見ると、半透明の背景に空の色が透けてとてもきれいです!
f0118538_17134958.jpg
もともとのビニールより薄くなって軽量化されたせいか、
前よりよく揚がるようになった気がしました。

通りかかったおじいさんが、「風もないのによく揚がるねえ!!」と
言ってくれて、僕もロカちゃんも大満足でした。
by iwaisanchi | 2007-01-02 18:18 | ◆このごろのいわいさんち
お年玉
お正月のロカちゃんへのお年玉袋は、毎年パパが作っています。
f0118538_11471088.jpg
コピー用紙を折ってのりづけして封筒にして絵を描きます。
今年のお年玉袋は、こんなのになりました。
これまでは「お年玉」の字はひらがなだったのですが
今年は小学生になったロカちゃんに合わせて漢字にふりがな。
こんなところに子どもの成長を感じます。

絵だけじゃちょっとつまらないので、中から…
f0118538_11471758.jpg
お札を持ったイノシシが出てくるようにしてみました!

今年はパパとママから千円ずつ。合計2千円です。
(いまどきの小学校一年生には、いくらくらいお年玉をあげるんでしょうね?)
by iwaisanchi | 2007-01-01 20:57 | ◆このごろのいわいさんち
2007年がはじまりました!
f0118538_2144720.jpg
あけましておめでとうございます!!
今年も「いわいさんちweb」をよろしくお願いします!

2007年元旦
いわいさんち代表 いわいさんちのパパこと、岩井俊雄より
by iwaisanchi | 2007-01-01 12:17 | ◆このごろのいわいさんち


カテゴリ
その他のジャンル