いわいさんちwebへ
ようこそ!
by 岩井俊雄

このブログトップへ

岩井パパがつくったもの

◆アイデアはどこからやってくる?
[河出書房新社刊]
岩井パパの発想と
創作の秘密がここに!



◆ちか100かいだてのいえ
[偕成社刊]
こんどは地下へ!
地球の中には何がある?



◆ビッグブック
100かいだてのいえ
[偕成社刊]
高さ116cm×幅20cmの
大型絵本になりました!



◆光のえんぴつ、
時間のねんど
図工とメディアをつなぐ
特別授業
[美術出版社刊]
小学校の全学年で取り組んだ特別授業の記録です。



◆100かいだてのいえ
[偕成社刊]
初めての描き下ろし
絵本です。
空までとどく不思議な家を
のぼってのぼって探検しよう!



◆いわいさんちの
リベットくん
[紀伊國屋書店刊]
作る・動かす・
物語が生まれる。
かわいくてあったかい、
親子で遊べる
手作りおもちゃ。
キット付もあります。



◆どっちが?絵本
[紀伊國屋書店刊]
わが家の遊びが
3冊セットの
絵本になりました!



◆いわいさんちへ
ようこそ!
[紀伊國屋書店刊]
パパとロカちゃんが考えた遊びや工作がたくさん載っています。



◆エレクトロプランクトン
ニンテンドーDSで体験する
音と光のメディアアート。



◆TENORI-ON
光と音を演奏できる
21世紀のデジタル楽器。


◆TENORI-ON開発日誌
もうひとつ
ブログやってます。
岩井パパの
アート・音楽関連の
最新情報はこちらから!

以前の記事
検索
<   2007年 03月 ( 21 )   > この月の画像一覧
学問ノススメ
雑誌、テレビと最近メディアに関するお知らせが続きますが、
今度はラジオです!
f0118538_1212054.jpg
地方のFMラジオ各局で放送されている「ラジオ版 学問ノススメ」という番組に
2月25日、3月4日の2回出演させていただきました。

実際のラジオでの放送はもう終わってしまったんですが、
そこはさすがインターネット時代。
放送終了分が、mp3ファイルとして公開されました。
PCやPodcastingで聴けます。

ラジオ番組への出演は、生まれて初めての体験でしたが
よくテレビなどで見る、ガラス張りの小さなスタジオで
パーソナリティの方と向かい合ってマイクに向かってしゃべるスタイルそのままで、
ちょっとうれしかったです。

番組のパーソナリティの蒲田健さんと
メディアアートのこと、ロカちゃんとの遊びのことなどとても
楽しくおしゃべりをしました。

蒲田さんはじめ、ディレクターの方、エンジニアの方、全員が小さなお子さんのいる
パパたちで、番組終了後もひとしきり子育て話で盛り上がりました。

盛り上がったおかげか?、僕だけ2回に渡っての放送になり、
さらにmp3ファイルでは、ラジオではカットされた部分も追加されて
4つもアップされています(苦笑)

おひまな方はこちらからどうぞ!
by iwaisanchi | 2007-03-30 12:15 | ◆お知らせです!
Who's パパサウルス?
もう一つ、テレビ番組のお知らせです。
f0118538_2132366.jpg
『パパサウルス』という番組をご存知ですか?

NHK内の子育て中のワーキングママさんスタッフが、こんな番組が欲しい!と
結集して制作した、「新しい子育てライフスタイル」をテーマとした番組で、
昨年8月に30分間のパイロット版が制作されました。

『いわいさんちへようこそ!』をたまたま読んでくれたディレクターの方から、
僕とロカちゃんも熱いラブコールを受けて、わが家の日常を披露したのですが
その一回限りのパイロット版が好評だったようで、この4月から
毎週放送のレギュラー化が決まったそうです(パチパチパチ)!

本放送は4月2日スタートですが、
3月26日(月)に、『Who's パパサウルス?』と題して
予告番組が放送されるそうです。

『Who's パパサウルス?』
NHK総合 3月26日(月)20:30~20:42


昨年夏のパイロット版の時の、僕とロカちゃんの映像も
ちょこっとだけ紹介されるみたいです。

パパサウルスのHPはこちら
いま現在、昨年の古い情報が載っていますが
まもなくリニューアルされるそうです。

番組には、毎回いろいろな親子が登場するらしく
そのうち、いわいさんちもよろしくお願いします、と言われてます・・・
by iwaisanchi | 2007-03-24 21:40 | ◆お知らせです!
ニューロンの回廊~潜在脳力の開拓者たち~
テレビ番組のお知らせです。
f0118538_0591790.jpg
ニューロンの回廊~潜在脳力の開拓者たち~
BS日テレ 3月25日(日)22:00~22:54

茂木健一郎(脳科学者)×岩井俊雄(メディアアーティスト)
f0118538_0592422.jpg
昨年の5月にオンエアされた番組の再放送なのですが、
今をときめく脳科学者の茂木健一郎さんとの対談番組に出演をしました。
f0118538_0593090.jpg
茂木健一郎さんは、この時初対面だったのですが、
ほぼ同世代ということもあって、とても楽しくお話ができました。
メディアアートから、いわいさんちのおもちゃまで、僕の活動全体を
網羅した面白い番組になっています。
BS日テレが見られる方はぜひ。

以下番組の紹介文です。

・・・

今回ドクター・モギが潜り込んだのは、メディアアーティスト:岩井俊雄の脳。
 筑波大学在学中の1985年、映像インスタレーション「時間層」シリーズで、ハイテクノロジー展金賞、さらに第17回現代日本美術展大賞を史上最年少で受賞。以後、様々なテクノロジーを駆使しながら、視覚・聴覚・触覚を刺激する観客参加型のインタラクティブな作品を続々と発表している。
 今回ドクターモギは、感覚の統合を操るアーティスト岩井の脳では何が起きているのか、そして、ユニークな作品を生み出すきっかけとなる「ひらめき」の秘密に迫る。さらにデジタル・テクノロジーを駆使する岩井が、最近子供のために自身の原点回帰ともいえる手作りのアナログおもちゃを制作していることなどから、デジタル感覚とアナログ感覚の違いや、情報過多な現代社会で子供たちの「感覚」は変わったのか?など、興味深いトークも展開していく。
by iwaisanchi | 2007-03-23 21:58 | ◆お知らせです!
終業式の朝
3月22日、この日は小学校の終業式。
今日でロカちゃんの小学校生活、最初の一年も終わりです。
f0118538_10511730.jpg
1年生のトレードマークだった黄色い帽子や、
ランドセルの黄色いカバーとも今日でさようなら。
本当にあっというまの一年でした。

ゆゆちゃんが生まれてからのこの半年は、
ほとんど毎日パパがロカちゃんを学校に送っていたので、
それも終わりかと思うとちょっと寂しいです。
(特に決まりではないのですが、2年生になっても
親が学校まで送っていく子どもはいないみたいなのです)

僕が送り始めた当初は、他の子どもたちのお母さんも
学校まで来ていたのですが、だんだん任されるようになって、
多い時は4~5人の一年生の子どもたちと一緒に学校まで行っていました。
僕もとても早起きになったし、何より歩きながら子どもたちと
いろいろな話をしたり、新しい遊びを考えたりがとても楽しかったのです。

先日、その子たちに「みんなが2年生になったら、
一緒に学校に行けなくなるから残念だなあ!」と言ったら、
みんな口々に「えーっ、来て欲しいなー」「こっそり途中まで来ればいいよ!」と
言ってくれました。パパ冥利につきますね(泣)

ロカちゃんも、内心パパにはもっと来て欲しいけど
でもちょっと恥ずかしいから、という気持ちもあって、複雑なようです。
こうしてちょっとずつ、子どもは親から、親は子どもから自立して
いくんでしょうね。
by iwaisanchi | 2007-03-22 22:50 | ◆このごろのいわいさんち
最近載った雑誌 その6 ~ リノン 2007春号
f0118538_1084386.jpg
そして最後は、リノン 2007春号 (ベネッセ・季刊)です。

「おうちにある紙を使って 親子で工作遊び」という5ページの特集で
5つの手作りおもちゃを紹介しました。
f0118538_1084987.jpg
「かばんになに入れる?」
「これなーんだ?」
「やぎさん郵便ポスト」
「おたのしみシールくじ」
「ダンボールパペット」の5つ。
どれも元ネタは、ロカちゃんのために以前作ってうけたものばかりなので、面白さは保障つき?
すべて新しく作り直したり、ヴァージョンアップして紹介しています。
f0118538_1085575.jpg
平日の昼間にわが家へ編集部の方とカメラマンさんが来て撮影をしたのですが、
ちょうど偶然にもその日はロカちゃんの学校がお休みで(パパも知らなかったのです)
一緒に遊びながらの楽しい撮影になりました。
f0118538_10917.jpg
そしてもう一つ、このリノンには、わが家の連載ページがあるんです。
「いわいさんちのほのぼの絵日記」と題して1ページに
カラーの書き下ろしの「ペンギンさんつうしん」と、
このブログのような感じで写真+文章のわが家の近況を載せています。
この号で3回目。季刊なので、連載といってものんびりペースです。

・・・

以上、わが家のことが載った最近の雑誌をドンとまとめてご紹介しましたが
もしご興味のある方は、本屋さんなどで見てみてくださいね!

それにしても、昨年の今頃に『いわいさんちへようこそ!』を出版してから
約一年で、ずいぶんこうした子ども関係の雑誌の取材や
おもちゃの工作記事の依頼が増えて、ちょっとびっくりしています。
僕の本業のメディアアートで、5ページとか7ページとか特集されることなんて
めったになかった(苦笑)

ハイテクを使ったアートは、真似しようと思ってもなかなか難しいけれど
紙の工作は、誰でも(子どもでも)すぐに始められます。
ブログや雑誌でも楽しさ、面白さがちゃんと伝わるところもいいんですよね。
by iwaisanchi | 2007-03-21 10:07 | ◆いろいろ
最近載った雑誌 その5 ~ 2007 0才からの脳と心を育てる本
f0118538_9385010.jpg
そして次は、雑誌ではなくムックです。
2007 0才からの脳と心を育てる本 (主婦の友社)

なんだかすごいタイトルですが、いま流行りの脳トレブームに乗った企画かな、
と思ったら、何年も前からこの名前で毎年出しているそうです。
そして中身は、タイトルよりもずっとまじめで地味めで好印象なものでした。
f0118538_9385629.jpg
載ったのは、『心を育てる紙おもちゃ 岩井俊雄さんの「父心」を伝える手作り子育て』という全7ページ。
インタビュー3ページと、紙を使った手作りおもちゃの製作記事4ページです。
f0118538_939280.jpg
編集の方から、0~1才のお子さんでも楽しめるおもちゃを紹介してください、と言われて
ちょっと悩んだのですが、紙で簡単に作れるおもちゃを考えました。
「パタパタカード」
「ゆらゆらコースター」
「変身カード」
「くるくるクイズ」の4つです。

元のアイデアは、全部以前わが家でロカちゃんのために作ったものですが、
この本のために、よりシンプルに作りやすくしてあります。
by iwaisanchi | 2007-03-20 09:37 | ◆いろいろ
最近載った雑誌 その4 ~ ミーム Vol.07
f0118538_18583317.jpg
これは、ミーム Vol.07 (六耀社・不定期刊)。

もともと、建築やインテリアのクリエイター向けの雑誌なのですが
この号ではまるごと「子どもと一緒に」をテーマに、新しい幼稚園を
作る取り組みや最近の子供向けの空間を取り上げています。

その中で、「パパクリエイターの日常」というコーナーで
2ページのインタビュー記事が載りました(2ページ)。
僕のほかにも、建築家、プロダクトデザイナーで
お子さんに刺激を受けて、仕事や家の環境作りをされている方たちの
インタビューが載っています。

あまり見かけない雑誌だと思いますが、デザインや建築のコーナーで
見かけたら、ご覧になってみてください。
by iwaisanchi | 2007-03-19 18:58 | ◆いろいろ
最近載った雑誌 その3 ~ baby mommoth no.5
f0118538_18343736.jpg
こちらは、baby mommoth no.5 (ニーハイメディア・ジャパン・年2回刊)。

baby's topicというコーナーで、
1ページまるまる使って、僕の『どっちが?絵本』を紹介していただきました。

別コーナーに、PAPER Blogという、
普段お子さんのことをブログに綴られている方々の紹介ページがあるのですが、
今回のテーマが「親子でアート」。
この「いわいさんちweb」に時々コメントを寄せてくださっている方も登場されています。
みなさん、おうちでお子さんとの創作を楽しまれているようで、頼もしいですね。
by iwaisanchi | 2007-03-18 18:34 | ◆いろいろ
最近載った雑誌 その2 ~ ラッタ 3月号
f0118538_1810527.jpg
次は、ラッタ 3月号(小学館・月刊)です。

僕は取材申し込みがあるまでこの雑誌のことを知らなかったのですが、
「フレッシュ保育者サポートマガジン」ということで、
保育園や幼稚園の先生方が読む雑誌なんですね。
園児向けの遊びや工作がたくさん紹介されていて参考になりました。

載ったのは「ラッタピープルインタビュー」という5ページのインタビュー記事です。
ちょうど取材を受けたのが年明けで、このブログに載せた
アドヴェントカレンダーや、見上げるモビールも紹介されています。

カメラマンの方が、女性の方だったのですが
親切にも、あとでポートレイト写真を何枚か送ってくれたのが印象的でした。
(そんな風に送っていただけるのはめったにないんです)
by iwaisanchi | 2007-03-17 18:31 | ◆いろいろ
最近載った雑誌 その1 ~ セサミ 3月号
f0118538_17252437.jpg
急にコンビニの雑誌売り場のようなにぎやかさですが、
実はこれ、全部「いわいさんち」に関する記事が載った雑誌なんです。
それも出版されたのはこの2ヶ月ほど!
順番にちょっとご紹介しておきましょう。
(月刊誌など、もう書店には並んでいないものもあるかもしれません。念のため)
f0118538_173516.jpg
まずは、セサミ 3月号(角川SSコミュニケーションズ・隔月刊)。
新学期の快適ステーショナリー「岩井俊雄さん&ロカちゃんの机まわり」(1ページ)

編集部の方から、新入園入学の特集記事用に、
いわいさんちのオススメステーショナリーを教えて欲しい、との連絡があり、
このブログで以前ご紹介したダーマトグラフなど、
わが家で使っているお気に入りの文房具や画材をリストアップしてみました。
ポイントは、子ども向けというより、親子で共有できる使いやすいもの。
それぞれどこがよいのかも書いたのですが、
あらためてそれぞれの道具や画材の何が気に入っているのかを
考えるのは面白かったです。

見本誌が届いて見てみたら、
(あたりまえですが)ウチにあるものばかりが並んでいたのが
ちょっと不思議な感覚で、ロカちゃんと一緒に笑いました。
by iwaisanchi | 2007-03-16 17:59 | ◆いろいろ


カテゴリ
その他のジャンル