いわいさんちwebへ
ようこそ!
by 岩井俊雄

このブログトップへ

岩井パパがつくったもの

◆アイデアはどこからやってくる?
[河出書房新社刊]
岩井パパの発想と
創作の秘密がここに!



◆ちか100かいだてのいえ
[偕成社刊]
こんどは地下へ!
地球の中には何がある?



◆ビッグブック
100かいだてのいえ
[偕成社刊]
高さ116cm×幅20cmの
大型絵本になりました!



◆光のえんぴつ、
時間のねんど
図工とメディアをつなぐ
特別授業
[美術出版社刊]
小学校の全学年で取り組んだ特別授業の記録です。



◆100かいだてのいえ
[偕成社刊]
初めての描き下ろし
絵本です。
空までとどく不思議な家を
のぼってのぼって探検しよう!



◆いわいさんちの
リベットくん
[紀伊國屋書店刊]
作る・動かす・
物語が生まれる。
かわいくてあったかい、
親子で遊べる
手作りおもちゃ。
キット付もあります。



◆どっちが?絵本
[紀伊國屋書店刊]
わが家の遊びが
3冊セットの
絵本になりました!



◆いわいさんちへ
ようこそ!
[紀伊國屋書店刊]
パパとロカちゃんが考えた遊びや工作がたくさん載っています。



◆エレクトロプランクトン
ニンテンドーDSで体験する
音と光のメディアアート。



◆TENORI-ON
光と音を演奏できる
21世紀のデジタル楽器。


◆TENORI-ON開発日誌
もうひとつ
ブログやってます。
岩井パパの
アート・音楽関連の
最新情報はこちらから!

以前の記事
検索
<   2008年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧
2008年のロボット、1971年のロボット
もう2ヶ月ほど前になってしまいましたが、1月中旬に
ロカちゃんと上野の国立科学博物館でやっていた『大ロボット博』を見に行きました。
今年になってロカちゃんと一緒に行った3つめの展覧会です。

この手の博物館での企画展示は人気はあるものの、ものすごく混んでいたり
大味な展示だったりして、どうかなと思ったのですが、
アートだけでなくて、科学的な展覧会にもロカちゃんを連れて行きたい気持ちもあり、
ロカちゃんを誘ってみると、もちろん「いくいく!」と大乗り気。
f0118538_1273683.jpg
とにかく並ぶのを避けるため、朝早くふたりで上野に向かいました。
おかげですんなり入れたのですが、それでもすでに会場内は大混雑!
ゆっくりは見られなかったものの、ロカちゃんは江戸時代のからくり人形に興味津々。
パパのほうはというと、手塚治虫さんの『アトム大使』(鉄腕アトムの前身)の
生原稿を間近で見られたので、それだけで大満足。
f0118538_1274262.jpg
ホンダのASIMOのショーもやっていたのですが、
これも大人気で後ろのほうからしか見られなかったので、
恥ずかしがるロカちゃんをパパが一生懸命肩車して、
なんとか「走るASIMO」を肉眼で確認しました(笑)
f0118538_1274946.jpg
ロボット展を見たあとは、国立科学博物館の常設展示へ。
こちらは世界の動物の剥製など、かなり渋い展示だったのですが、
意外とロカちゃんは大喜びではしゃぎながら見ていました。
地球や生物に関する厖大な展示を見ながら、
ふたりでゆっくりといろいろな話ができてとてもよかったのです。
ロボットのような目新しいものだけじゃなくて、
こういう渋めの博物館に子どもと来るのもいいなあ、と見直したのでした。

・・・

さて、それから一ヶ月以上経ってからのこと。
実家にあった古いネガフィルムを調べていて、あっ!と驚きました。
そのフィルムには、こんな風景が写っていたのです。
f0118538_127544.jpg
これは、大阪万博のフジパンロボット館!
しかし、1970年当時、確かに大阪万博には行ったのですが
フジパンロボット館に入った記憶はありません。
f0118538_128096.jpg
しかしフィルムには、しっかり姉と一緒にロボット館の中で撮った写真がありました。

不思議だなーと思って調べてみると、フジパンロボット館は
大阪万博閉幕後の翌年、1971年に愛知県の青少年公園に移設されていました。

すっかり忘れていたのですが、たぶん僕は万博で見られなかった
フジパンロボット館をぜひ見たいと両親にせがんで連れて行ってもらったのでしょう。
他にも公園の遊具なのか、実物大のゾウやサイの彫刻で遊ぶ姿が写っていました。
f0118538_128690.jpg
実家の母に写真をメールし電話で確認すると、ロボット館のことは覚えていないけど
このゾウはよく覚えてるわ、とのことでした。

それにしても、つい先日ロカちゃんと上野でロボットや剥製を見てきたのと同じような光景が、
37年も前のフィルムに刻まれていたのには、とにかくびっくりしました。

ネットで調べていて、さらに驚いたのは、
フジパンロボット館のプロデューサーが手塚治虫さんだったこと。
そしてフジパンロボット館で公開されていたロボットのうちの何体かは、
いまだに愛知県児童総合センター内に展示されていて動いているとのこと。

「愛知県児童総合センター」といえば、
1月に僕が名古屋でやったワークショップは、そこから頼まれたのです!
なんだか急に因縁めいたものを感じてしまいました…
僕は、別な会場でワークショップをやったのでロボットは見られなかったのですが
37年ぶりにロボットの実物を見たら、何か思い出すでしょうか…
いつかロカちゃんも連れて見に行ってみたいです。

しかし、手塚治虫さんが鉄腕アトムで描いていた未来に
すでにいま自分が生きて暮らしているかと思うと変な気分ですね。
(まあ、ロカちゃんも2000年生まれですからね…)
by iwaisanchi | 2008-03-18 01:28 | ◆むかしのいわいさんち
石井桃子さんの言葉
3月7日夕方に放送されたNHKの「首都圏ネットワーク」の特集で
ピーターラビットの翻訳などで有名な児童文学者の石井桃子さんが自宅に開いた
「かつら文庫」が50周年を迎えた、というニュースをやっていました。

その中で紹介された、石井桃子さんが以前書かれた子どもたちへのメッセージに
とても心打たれたので、ここに無断ですみませんが紹介させてもらいます。
f0118538_153429.jpg
        子どもたちよ
     子ども時代を しっかりと
            たのしんで ください。
        おとなになってから
        老人に なってから
     あなたを 支えてくれる のは
     子ども時代の 「あなた」 です。
                 石井 桃子
                 2001年7月18日

このところ、自分の子どもの頃の体験がどれだけ今の自分にとって大きな存在か
このブログや、先日出演した番組「わたしが子どもだったころ」を通して
噛み締める機会が多かった僕は、この言葉を聞いて、思わず「その通りですね!」と
声を大にして言いたくなりました。

僕が今、娘たちにできるかぎりいろいろな楽しみを作ってあげたいな、と思うのも
まさに、そうした自分の実感があるからだなあ、とあらためて思いました。

石井桃子さんは、今年でなんと101歳。
昭和33年、当時、子どもたちが自由に好きな本を読める場所がなかったから、という
切実な思いで、自宅に私設図書館の「かつら文庫」を開かれて、以来50年間続けて来られたそうです。

その地道で素晴らしい活動には、ただただ頭が下がります。
そして、こういういい話を聞くと、自分だったら何ができるだろう?と
つい考えてしまうのでした。
by iwaisanchi | 2008-03-16 01:53 | ◆いろいろ
新しい自転車とキーホルダー
誕生日の午後。
パパはロカちゃんと一緒に、プレゼントの新しい自転車を
デパートの自転車売り場まで取りに行きました。
f0118538_6585342.jpg
前の週に、お店を何軒か回ってロカちゃんが決めたのが
この白と水色の自転車です。
欲しかったサイズ(24インチ)があいにくお店になかったので注文することになり、
誕生日に間に合うかどうか、ちょっとヒヤヒヤしていたのですが、
ぴったり誕生日当日に届きました!
f0118538_659756.jpg
デパートからの帰り道。
ロカちゃんは新しい自転車に乗りたくて乗りたくてうずうずしています。
でも、街中は混んでて危ないから公園まで我慢だよ、と約束していたので
公園の入口に着いたとたん、すぐに乗り始めました。
f0118538_6593462.jpg
これまでよりもずいぶん大きい自転車です。
大丈夫かな?と思いきや、最初ちょっとふらついただけで、
ロカちゃんはすぐに乗りこなしてしまいました。
3年前、初めて自転車に乗ったときはあんなに苦労したのに、
今はこんなにするすると普通に乗れてしまう。
あたりまえだけど、いざ目の当たりにすると、ちょっとした感動があります。
f0118538_6595097.jpg
家に帰って、新しい自転車とこれまで乗っていた自転車とを比べてみると、
その大きさの違いは歴然でした。
最初の自転車を買ったのは、2005年5月だったので2年と9ヶ月前。
普段はなかなか実感しにくいですが、
ロカちゃんも、この自転車と同じくらい成長したということですね。
色も前がピンクだったのに対し、今回白と水色を選んだのも
ちょっとロカちゃんの好みが大人っぽくなったのを感じます。

・・・

それから3日後の朝。
パパとロカちゃんは一緒に新しい自転車のキーホルダーを作ることにしました。
材料は熱で縮むプラ板です。
(前にもこれで自転車のキーホルダーを作ったことがあります)
f0118538_7028.jpg
まず紙に下書きを描いて、その上にプラ板を乗せ
油性マーカーで絵をなぞります。
f0118538_701481.jpg
ロカちゃんが描いたのは、自転車に乗るペンギンさん。
ちょっとスクーターみたいですが(笑)、複雑な形をちゃんととらえて描けてます。
f0118538_702742.jpg
パパは、誕生日記念に自転車に乗るミツバチを描いてみました。
f0118538_704278.jpg
ヒモを通すための穴は、先にポンチで開けておきます。
半分以下の大きさに縮むので、結構大きめの穴を開けます。
f0118538_705385.jpg
トースターにアルミホイルを敷いてプラ板を並べ・・・
f0118538_71775.jpg
加熱スタート!

しばらくすると、びっくりするくらいの勢いでプラ版が縮んでいきます。
縮んだそのままだと、ぐにゃぐにゃに曲がってしまうので、
熱いうちに取り出して、上から板などで押さえて平らにします。
f0118538_712741.jpg
オリジナルのキーホルダーが3つできました!
f0118538_714110.jpg
さっそく、ロカちゃんは自分の絵のキーホルダーを自転車につけました。
新しい自転車も、これでますます愛着がわきますね。
by iwaisanchi | 2008-03-11 07:01 | ◆このごろのいわいさんち
ロカちゃん8才の誕生日
2月27日は、ロカちゃんの8才の誕生日でした。

実は2日ほど前から、パパは体調悪く寝込んでいました。
疲れとカゼに加えて、急に花粉症の症状が強く出始め鼻水とくしゃみが止まりません。
誕生日プレゼントに、ロカちゃんから頼まれていた新しい自転車は
注文してあったものの、他には何も準備ができていませんでした。

去年の7才の誕生日に、リビングを派手に飾りつけたのを
ロカちゃんはとても喜んでいたので、今年も何かやってあげたいと思ったのですが、
去年と一緒じゃ面白くないし…

朝、布団の中で(困ったな…)と考えているうち、
ふと、中学の時のスケッチブックに描いてあった「ふきのとうとハチの王様」の絵を思い出しました。
f0118538_1301971.jpg
そうだ、ハチだ!
今年の誕生日のテーマは「ハチ」にしよう!

「8」=「ハチ」という単純な発想でもあるのですが(苦笑)
ミツバチをテーマに、部屋を飾りつけたりすると楽しそう、というイメージが次々と湧いてきました。

すぐに起き出して、ママに「ねえねえ、今年のロカちゃんの誕生日、
ミツバチをテーマにするっていうのはどうかな?
去年はいろんな色で飾ったけど、黄色の紙テープだけにするとか…」
するとママも「最近、ロカちゃんは黄色が好きだからきっと喜ぶんじゃない?」と言ってくれました。

そうと決まれば、実行あるのみ。寝込んでなんかいられません。
吉祥寺のユザワヤへ行って黄色の紙や紙テープなど、黄色いものをいろいろ物色します。
黄色いもので何かいいものないかな~と買い物するうちに
楽しくなって元気もでてきました。
f0118538_23332813.jpg
帰ってきて、まず作ったのはミツバチの形の切り紙です。
クリスマスの飾りの時は、白いコピー用紙でしたが、
今回はA3サイズの黄色い上質紙を使います。
f0118538_2333355.jpg
そして、雪の結晶の要領で、黄色い紙で花の形も切り抜きます。
f0118538_23334152.jpg
リビングのテーブルのライトに、ミツバチの切り紙を巻き、
その上に花の形の切り紙を取り付けました。
f0118538_23334963.jpg
そして、天井からは黄色の紙テープを吊り下げました。
黄色だけでなく、アクセントになるように金色のテープも少し加えます。
f0118538_2333554.jpg
クリスマスの時にキッチンの入り口に、切り紙ですだれみたいなものを下げたのが
よかったので、今回は花と六角形をモチーフに作ってみました。
「HAPPY BIRTHDAY」の文字も切って取り付けます。
f0118538_2334581.jpg
だんだんのってきたので(笑)、大きなミツバチと六角形を切り抜いて、窓にも貼りつけてみました。
f0118538_2334111.jpg
部屋の飾りが完成です!
色を黄色に決めたことで、冬の白い飾りとはまったく違った雰囲気になりました。
いい感じです。

そして、こうなったらテーブルの上に飾る花は、もちろん黄色い花!
菜の花と、黄色いチューリップを買ってきて飾りました。
f0118538_23341710.jpg
学校からロカちゃんが帰ってきました。
「わーきれい!あれ、きょうはきいろだけなの?」
「今日はロカちゃんの8才のお誕生日だからハチをテーマにしようと思って…」
「それってダジャレでしょ!」
「ハハハ、そうなんだけど、8才のお誕生日はハチだったね、ってずっと覚えてられるからいいじゃない」
「うん、わたしミツバチもきいろもすきだからいいよ!」
「フフ、それでね、今日ロカちゃんにはミツバチになってもらいます」
「ええ~っ!?」
f0118538_2334259.jpg
実は、パパはユザワヤでこんなものを買ってきていました。
黄色いマラボー(羽でできたふわふわした飾り。名前は初めて知りました)と
茶色いモールです。
これと、黄色い紙を切って作った王冠を組み合わせれば…
f0118538_23343272.jpg
ミツバチの王女さまのできあがりです!(笑)

「ロカちゃん似合うよ~」
「そうかな~へへ」
最初アイデアを話したときは、ちょっと恥ずかしがっていたロカちゃんも、
ふわふわのマラボーが気持ちいいのもあって、気に入ってくれたようです。
f0118538_23344640.jpg
さて、夜になっておすしを食べたあとは、ママの手作りロールケーキの登場です。
f0118538_23343813.jpg
ロールケーキの飾りも、ミツバチの絵を描いて作ってみました。
f0118538_23345275.jpg
絵を切り抜いて、楊枝に貼り付け、8本のろうそくの間に立てていきます。
ミツバチたちが、ロールケーキに甘いハチミツをかけているイメージです。
f0118538_23345825.jpg
わが家で誕生日には必ず「ハッピーバースディ」を演奏する定番の手回しオルゴールも、
今日は「ブンブンブン、ハチが飛ぶ~」の曲です。
(ちょうど偶然にもこの曲があったんです!)
f0118538_2337169.jpg
ロカちゃん、8才おめでとう~!!!!
f0118538_2335683.jpg
誕生日プレゼントは、ロカちゃんにリクエストされた新しい自転車だったのですが、
パパはおまけのちょっとしたプレゼントも用意していました。
f0118538_23352054.jpg
ハチの絵を描いた黄色い紙袋の中に入っていたのは、
黄色いペンケースに、黄色とこげ茶のペン、名刺サイズの黄色い紙に、
ミツバチの形が切り抜ける紙パンチでした。
f0118538_23352623.jpg
ミツバチと黄色づくしの8才の誕生日。
大人になっても、覚えていてくれるかな?
by iwaisanchi | 2008-03-04 23:38 | ◆このごろのいわいさんち


カテゴリ
その他のジャンル