いわいさんちwebへ
ようこそ!
by 岩井俊雄

このブログトップへ

岩井パパがつくったもの

◆アイデアはどこからやってくる?
[河出書房新社刊]
岩井パパの発想と
創作の秘密がここに!



◆ちか100かいだてのいえ
[偕成社刊]
こんどは地下へ!
地球の中には何がある?



◆ビッグブック
100かいだてのいえ
[偕成社刊]
高さ116cm×幅20cmの
大型絵本になりました!



◆光のえんぴつ、
時間のねんど
図工とメディアをつなぐ
特別授業
[美術出版社刊]
小学校の全学年で取り組んだ特別授業の記録です。



◆100かいだてのいえ
[偕成社刊]
初めての描き下ろし
絵本です。
空までとどく不思議な家を
のぼってのぼって探検しよう!



◆いわいさんちの
リベットくん
[紀伊國屋書店刊]
作る・動かす・
物語が生まれる。
かわいくてあったかい、
親子で遊べる
手作りおもちゃ。
キット付もあります。



◆どっちが?絵本
[紀伊國屋書店刊]
わが家の遊びが
3冊セットの
絵本になりました!



◆いわいさんちへ
ようこそ!
[紀伊國屋書店刊]
パパとロカちゃんが考えた遊びや工作がたくさん載っています。



◆エレクトロプランクトン
ニンテンドーDSで体験する
音と光のメディアアート。



◆TENORI-ON
光と音を演奏できる
21世紀のデジタル楽器。


◆TENORI-ON開発日誌
もうひとつ
ブログやってます。
岩井パパの
アート・音楽関連の
最新情報はこちらから!

以前の記事
検索
<   2009年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧
メリークリスマス!
f0118538_3455225.jpg
f0118538_2403399.jpg

by iwaisanchi | 2009-12-24 23:40 | ◆このごろのいわいさんち
ラジオ版 学問のススメ
先日収録したラジオ番組『ラジオ版 学問のススメ』が、ネット上で聴けるようになりました!
f0118538_22194183.jpg
f0118538_22194830.jpg
この番組、何年か前に『いわいさんちへようこそ!』が出版された際にも一度出演させていただきました。
今回2度目ということもあって、リラックスしてとても楽しくおしゃべりできました。

ちなみに、声がめちゃくちゃ渋いパーソナリティの蒲田健さんは、
4人のお子さんのお父さん。
僕がわが家や小学校でやっていることや絵本にとても共感してもらえて
盛り上がりました。

ラジオで放送された番組は一時間弱なのですが、
インターネットで聴けるのは1時間半のフルバージョン。

『ちか100かいだてのいえ』と『光のえんぴつ、時間のねんど』に
まつわる裏話などをたくさんしゃべっています。

ここでしか話していないエピソード満載なので、
お時間あるとき、家事などしながら聴いてみてください!
(mp3ファイルなので、iPodなどにも入れられます)


番組を聴く

ところで、僕もごくたまに、声が渋いとかステキとか言われることがあるのですが(笑)、
蒲田さんのようなプロの声の渋さにはまったくかなわないですねえ・・・(苦笑)
by iwaisanchi | 2009-12-23 23:35 | ◆100かいだてのいえ
ついに「みんなの100かいだてのいえ」がオープン!
先ほど、ついに「みんなの100かいだてのいえ」ホームページ
本格的にオープンしました!

11月の『ちか100かいだてのいえ』の発売開始以来、
日本全国の子どもたちが思い思いの家の絵を
描いてくれた応募ハガキが続々と偕成社へ届いています。

それを全部ネット上でつないでしまおうという壮大なプロジェクトが
この「みんなの100かいだてのいえ」です。
f0118538_183012100.jpg
いろいろ考えた結果、ただ単につなぐだけではなく、
こんな風に日本を(海外含め)10個の地域に分けることにしました。
それぞれの地域で、100かいだてのいえが空へ向かって伸びていきます。

まずは、最初の1週間に届いた分
(11月11日発売なので、11月18日まで)が掲載されています。
(到着から約1ヶ月で掲載されますので
11月18日以降に出した方、しばらくお待ちくださいね)

それでも、なんとすでに関東チームは100階を超えてしまいました!

これから毎週金曜日に1週間分ずつ更新していきます。
さてさて、いったい何階まで行くのでしょうか?

そして、同時に「みんなの100かいだてのいえニュース」という
ブログもはじめました。

僕と、偕成社の「みんなの100かいだてのいえ」スタッフで
お気に入りの家を紹介したりしながら
盛り上げていきたいと思います。

絵本を超えて全国の子どもたちの想像力がつながるプロジェクト
「みんなの100かいだてのいえ」をぜひご覧ください!!

「みんなの100かいだてのいえ」ホームページはこちら

ブログ「みんなの100かいだてのいえニュース」はこちらです。
by iwaisanchi | 2009-12-18 18:30 | ◆100かいだてのいえ
お友だちにもアドベントカレンダー
アドベントカレンダーを始めて、何日か経ったある日のこと。
ロカちゃんの同級生の女の子ふたりが、わが家に遊びにきました。
f0118538_411954.jpg
近所に住んでいるゆりちゃんとなっちゃんです。
一緒に登校していることもあって、3人はとても仲良し。
遊びにくるとキャッキャ、キャッキャと笑いが絶えません。

しばらく遊んでそろそろ帰る時間になった頃、
ロカちゃんがパパの仕事部屋にやってきていいました。

「ねえ、パパ~!あのね、ゆりちゃんとなっちゃん、
おうちでアドベントカレンダーはやってないっていうから
やらせてあげてもいいかなあ?」

「ロカちゃんが作ったくじを引かせてあげるの?いいんじゃない?
せっかくだからパパのほうの箱に入れてあげれば?」

「そうだね!そうする!」

ロカちゃんのくじを全部、
パパの作ったダンボールの家に入れ替えて引いてもらうことにしました。
f0118538_412422.jpg
まずは、なっちゃんがくじを引きます。
さあ、何が出るかな?
f0118538_412958.jpg
出たのは大きくバツ印が書かれたはずれくじでした!

「あ、ごめん!それゆゆちゃんにつくったはずれなんだ~
もういっかいひいて!」
f0118538_413475.jpg
「じゃあ、こんどはわたしがひく!」と
ゆりちゃんがひくことになりました。
f0118538_413961.jpg
ところが、出たのはまたはずれくじです!
「ごめんごめん、それなし!」
ロカちゃんが、笑いながらはずれくじをサッと取り上げます。
「でも、はずれがでたほうがおもしろいからいいよ~」とふたり。
確かにそうですね!

しかしさらにその後、ふたりが引いたくじがなぜか
はずれくじばかり…(笑)

「キャハハハハ!!」
3人とも笑いがとまらなくなってしまいました(笑)
f0118538_414532.jpg
そのうち、ようやく当たりくじがでて、
ゆりちゃんはフクロウ、なっちゃんはアヒルの絵の紙袋を
取れることになりました。
f0118538_414965.jpg
中からは、フクロウの形のクッキーと
金紙に包まれたチョコが出てきて、ふたりは大喜び!
f0118538_493163.jpg
盛り上がっているころ、ゆりちゃんのお母さんがお迎えにきたのですが
妹の みほちゃんも一緒だったので
みほちゃんにもくじを引かせてあげました。
f0118538_4105876.jpg
みほちゃんがお母さんにだっこされて取った
ヒヨコの絵の紙袋からは四角いチョコが出てきました。
f0118538_41547.jpg
仲良しのお友だちにも楽しんでもらえて
今年のアドベントカレンダーの方式がますます気に入った
パパとロカちゃんなのでした。
by iwaisanchi | 2009-12-11 04:12 | ◆このごろのいわいさんち
『100かいだてのいえ ギフトセット』ができました!
以前、偕成社の秋重さんが、
「『ちか100かいだてのいえ』が完成したら
『100かいだてのいえ』と一緒にした2冊セットをつくりたいです~」と
言ってくれていたのですが、それが本当にできちゃいました!
f0118538_7481596.jpg
これがそのパッケージです。
f0118538_7482262.jpg
こんな風に、特別仕様の箱の中に『ちか100かいだてのいえ』と『100かいだてのいえ』の2冊が入っています。
(値段は絵本2冊分と一緒です)
f0118538_7483392.jpg
箱の裏側には、2冊に出てくる動物たちをちりばめてみました。
f0118538_7482813.jpg
最初、秋重さんから2冊セットの話を聞いたとき、
『ぐりとぐら』みたいに何冊もあればセットもいいけど
2冊だけでセットになるのかな?と思ったのですが、
できあがってみたら、箱に入っている、というだけでわくわくするものなんですね。
箱もとてもいい仕上がりで大満足です。

まずはクリスマスのギフト用ということで、製作数は少量なのですが
もし好評だったら、クリスマス以外でもプレゼント用に買える様にしたいそうです。

一部の本屋さんにしか並ばないそうなので

『ギフトセット 100かいだてのいえ』
定価:2520円(税込み)
ISBN978-4-03-331661-1

で書店にご注文いただくか、ネット書店や偕成社webから購入するのが確実だそうです。
よろしくお願いします!
by iwaisanchi | 2009-12-10 07:48 | ◆100かいだてのいえ
アドベントカレンダー最初の朝
12月1日の朝。
昨晩、飾りつけに遅くまでかかった割に
パパは早く目が覚めてしまいました。
やっぱり子どもたちの反応が気になります。

リビングでカメラを用意して待っていると、
いつもよりちょっと早起きのロカちゃんとゆゆちゃんが、
急ぎ足で2階の寝室から降りてきました。

そして天井の飾りつけと、たくさん吊り下げられた赤と緑の袋を見て
わあっ!と歓声を上げました。

すぐにロカちゃんは、パパの作った三角くじの入ったダンボールの家を見つけて
「すごい!きれい!こうなったんだ!」と感心の様子。
(完成したところまでは見ていなかったのです)

その横で、ゆゆちゃんは天井の紙袋に向かって
両手を上げてぴょんぴょん飛び跳ねています(笑)
残念!ゆゆちゃんには届かない高さにしたんだよ~(笑)
f0118538_1324184.jpg
さあ、さっそく「くじ」の出番です!

まずは、ロカちゃんが自分の作ったくじの箱から
ゆゆちゃんにくじを引かせました。
f0118538_1324843.jpg
くじの中をあけると、そこにはカメの絵が描いてありました。

「あ、カメさんがでたね!ゆゆちゃん、カメさんのふくろはどこかな~」と
ロカちゃんが言うと、ゆゆちゃんはさっそく上を見上げて探し始めました。
f0118538_1325436.jpg
「カメさんあった!」
ゆゆちゃんがカメの描かれた緑の紙袋を
うれしそうに指差します。

そして手を思いっきりのばすものの、ゆゆちゃんはとどかないので、
ロカちゃんがゆゆちゃんをだっこしてイスに乗りました。
でもまだ取れません。
f0118538_1325970.jpg
仕方ないので、今度はパパがゆゆちゃんをだっこします。

ようやく取れました!
f0118538_133534.jpg
さあ、袋の中には何がはいっているかな?

「うふふ!」と横で笑うロカちゃん。
f0118538_1331066.jpg
なんと!
お菓子と一緒にフェルトで出来たカメさんが入っていました!

そういえば、昨日くじを作り終えたあと、
ロカちゃんは自分の部屋で何かごそごそやっていました。

こんなものを作っていたとは…やるう、ロカちゃん!
そのていねいな作りにパパもママも感心しきり。

ロカちゃんに聞くと、昨日作ったのはカメだけで
偶然ゆゆちゃんが大当たりを引いたのだそう。
f0118538_1331727.jpg
次にロカちゃんも、パパの作った家の煙突から手を入れて
三角くじを引きます。

ガサゴソかきまぜながら、「どれにしようかな~~」
f0118538_1332282.jpg
引いたくじの中身は、コウモリの絵でした!
f0118538_1332735.jpg
コウモリの袋はこれ!

ロカちゃんは、イスに乗れば手がとどきます。
f0118538_1333230.jpg
コウモリの絵の紙袋から出てきたのは、青や紫色のゼリービーンズ。

コウモリの雰囲気に合わせて、パパがゼリービーンズの色を選んで
透明な小袋に入れておいたのでした。

うれしそうにお菓子を食べるふたり。

しばらく早起きの朝が続きそうですね。
by iwaisanchi | 2009-12-08 11:56 | ◆このごろのいわいさんち
今年のアドベントカレンダー
あっというまに12月になってしまいましたね!

12月にはいる直前、わが家では
この時期恒例のパパとロカちゃんのアドベントカレンダー作りが始まります。

「アドベントカレンダー」とは、クリスマスまでの毎日、
一つずつお菓子が出てくる箱型のカレンダーのこと。

3年前に初めて手作りでアドベントカレンダーを作ってからというもの、
ロカちゃんは、このアドベントカレンダーを毎年とても楽しみにしています。

出てくるお菓子もそうですが、アドベントカレンダーをどんな風にするか、
二人で考えたり、用意をするのがまた楽しいのです。

今年は特にロカちゃんは
「ゆゆちゃんのアドベントカレンダーはわたしがつくるからね!」と
はりきっています。

でも、パパもロカちゃんもどんなカレンダーを作るか、なかなかアイデアがまとまりません。
11月末、アイデアが決まらないまま、
とりあえずお菓子を買いにふたりで吉祥寺の街へと出かけました。
f0118538_03824.jpg
ちょっとおしゃれな輸入菓子が売っているお店を、3軒ほど回ります。
どこもクリスマス用にきれいにラッピングされたお菓子が
いっぱい並んでいて目移りしてしまいます。

でも、さすがに4年目ともなるといろいろわかってきます。
これまで買ったもので見た目がかわいいだけで
あまりおいしくなかったものもあったので要注意。
ずらり並んだお菓子を前に、「これはおいしかった」とか「いまいちだった」とか
あれこれふたりで言い合いながら決めていきます。

本当は、どんなお菓子を入れるかもロカちゃんに内緒にしたいところなのですが、
ゆゆちゃん用はロカちゃんが自分で作ると言い張っているので仕方ありません(苦笑)

一緒にお菓子を決めて買うのも遠足前のようで、また楽しいものです。
f0118538_031535.jpg
結局、味や見た目、そして毎日のことなので食べ過ぎないように、
なるべく小さいパッケージや、小分けしやすいお菓子を中心に
チョコやクッキー、キャラメル、ゼリービーンズなどを買いました。
f0118538_032497.jpg
お菓子を買ったあとは、ラッピング用品の専門店に行ってみました。
そこで見つけたのは、赤と緑の紙袋。
これにお菓子を入れてぶら下げたらどうかな?とアイデアが浮かんできました。
一緒に、個別包装されていないクッキーなどを入れる小さい透明袋も買いました。
f0118538_033061.jpg
家へ帰って、試しに紙袋にこんな風に絵を書いてみました。
使ったのはハロウィンの時と同じ銀色のペイントマーカーです。

袋の上を折り曲げたあと、右上にヒモを通して下げるための穴をパンチで開けました。
でもよく考えると、穴にヒモを通すと袋がうまく開けません。
f0118538_033658.jpg
結局、天井から吊るしたヒモの先に大きいクリップをつけて紙袋をはさんでみたら、
お菓子が入っていても充分うまくぶら下がることがわかりました。
いいね!今年はこれでいこう!とロカちゃんと盛り上がります。
f0118538_034371.jpg
さっそくパパは『100かいだてのいえ』に出てくる動物たちを、
金と銀のペイントマーカーで紙袋に描いてそれぞれにお菓子を入れました。
(なんのお菓子を入れたかは、ロカちゃんに内緒です)
f0118538_035099.jpg
ロカちゃんも、ゆゆちゃん用に紙袋に好きな動物を描きました。

さて、このお菓子入りの紙袋を天井から吊るすアイデアまではよかったのですが
それをただ順番に開けていくだけでは面白くありません。

もっと楽しくするにはどうしたらいいかなーと話しているうちに、
ロカちゃんが「わたしは、くじびきにする!」といって、
紙に絵を描き始めました。
f0118538_035696.jpg
小さく切った紙の中に、紙袋と同じ動物の絵を描いて
二つ折りにしてクリップで留めてクジを作ります。
f0118538_04350.jpg
そして、クツの空き箱の上に手が入る大きさの穴をあけて中にくじを入れました。

くじを引くと、くじの中に描かれている動物の絵と同じ紙袋がもらえる、というアイデアです。
それいいね!と、パパもロカちゃんのアイデアを使わせてもらうことにしました。
f0118538_041296.jpg
パパのほうは、せっかくなので
ダンボールでくじの箱を作ることにしましょう。

まずはとってあったダンボール箱の中で、手ごろな大きさのものを選びます。
そのままだと、表面に印刷やラベルが貼ってあって汚いので、
いったん分解して裏返します。
f0118538_041845.jpg
そして、ふたの部分をななめにカットして、
こんな風にボンドで接着しました。
家の形にすることにしたんです。
f0118538_042583.jpg
次に、別のダンボール板で、天井と煙突部分をつくります。
f0118538_04312.jpg
先ほどの箱の上に、煙突がつきました。
くじを引くのは、この煙突の上から手を突っ込むんです。
f0118538_043994.jpg
黒のダーマトグラフで、家の外観を描いていきます。
そして、白のダーマトグラフで積もった雪や、つららも描き入れます。
f0118538_044517.jpg
そして、水彩えのぐで色を塗って完成!
f0118538_045726.jpg
家の各面は親しみが湧くように
顔のようにも見えるデザインにしてみました。
f0118538_05322.jpg
この面は、3年前のアドベントカレンダーから登場した
ナリちゃんと3人の雪だるまたちとクリスマスケーキ。
f0118538_051090.jpg
このところ、絵本などで細かい絵を描くことが多かったので、
ダーマトグラフと水彩えのぐでダンボールに
ぐいぐいべたべたと大胆に絵を描くのが楽しくなってきました。
f0118538_051685.jpg
さて、次はくじです。
「中に入れるくじは、三角くじにしようかな~。ロカちゃん、折り紙ある?」と、パパが聞くと
「それなら、このおりがみがいいよ!」と、ロカちゃんがこんな折り紙をくれました。
「ホイルカラーおりがみ」という色とりどりの銀紙の折り紙です。
これは、クリスマス気分の三角くじにはもってこいです。
さすがロカちゃん、いいもの持ってる!
f0118538_052260.jpg
折り紙を4分の1の大きさに切って、
裏側に先ほどのお菓子の紙袋と同じ動物たちを描きました。
f0118538_052840.jpg
そして、スティックのりを角にちょっとだけつけて
三角くじを作ります。
f0118538_053446.jpg
ロカちゃんには内緒で、こんな「はずれくじ」も作っておきました(笑)
f0118538_054157.jpg
さあ、くじの箱と三角くじができあがりました!
次は、お菓子を入れた紙袋を天井にぶらさげます。
f0118538_054743.jpg
まずは、前にコピー用紙で作ったクリスマス用の切り紙飾り
リビングの天井の周囲に吊り下げ、
そこにお菓子入りの紙袋を下げていくことにしました。
f0118538_05546.jpg
赤と緑の紙袋を交互に吊り下げたら、
白い切り紙とマッチして、とてもクリスマスらしくなりました!
f0118538_06082.jpg
なんとか今年も12月1日にアドベントカレンダーが間に合いました!
パパが天井の飾りをつける前に子どもたちは寝てしまったので
まだロカちゃんもゆゆちゃんも、最終的にどんな風になったか見てはいません。
朝起きてくるのが楽しみです。
by iwaisanchi | 2009-12-07 00:50 | ◆このごろのいわいさんち


カテゴリ
その他のジャンル