いわいさんちwebへ
ようこそ!
by 岩井俊雄

このブログトップへ

岩井パパがつくったもの

◆アイデアはどこからやってくる?
[河出書房新社刊]
岩井パパの発想と
創作の秘密がここに!



◆ちか100かいだてのいえ
[偕成社刊]
こんどは地下へ!
地球の中には何がある?



◆ビッグブック
100かいだてのいえ
[偕成社刊]
高さ116cm×幅20cmの
大型絵本になりました!



◆光のえんぴつ、
時間のねんど
図工とメディアをつなぐ
特別授業
[美術出版社刊]
小学校の全学年で取り組んだ特別授業の記録です。



◆100かいだてのいえ
[偕成社刊]
初めての描き下ろし
絵本です。
空までとどく不思議な家を
のぼってのぼって探検しよう!



◆いわいさんちの
リベットくん
[紀伊國屋書店刊]
作る・動かす・
物語が生まれる。
かわいくてあったかい、
親子で遊べる
手作りおもちゃ。
キット付もあります。



◆どっちが?絵本
[紀伊國屋書店刊]
わが家の遊びが
3冊セットの
絵本になりました!



◆いわいさんちへ
ようこそ!
[紀伊國屋書店刊]
パパとロカちゃんが考えた遊びや工作がたくさん載っています。



◆エレクトロプランクトン
ニンテンドーDSで体験する
音と光のメディアアート。



◆TENORI-ON
光と音を演奏できる
21世紀のデジタル楽器。


◆TENORI-ON開発日誌
もうひとつ
ブログやってます。
岩井パパの
アート・音楽関連の
最新情報はこちらから!

以前の記事
検索
<   2010年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧
庭に小鳥を呼ぶ その6 ~小鳥の切り紙窓飾り
庭に来るようになった小鳥たちのかわいい姿に
連日盛り上がるわが家。
でも、ただ見ているだけじゃもったいない。
そう考えたパパは、ロカちゃんと相談して
小鳥をモチーフにした切り紙をすることにしました。
f0118538_12353378.jpg
切り紙に使うのはこんな色の上質紙。
クリスマスの時は白一色に統一したのですが、
今回は、まもなくやってくる春の楽しい雰囲気を出したいので
パステルカラーの淡いきれいな色を選びました。
f0118538_12354048.jpg
ロカちゃんとふたりで、庭にやって来る小鳥たちの様子を思い出しながら
ハサミでジョキジョキ紙を切っていきます。
f0118538_12355567.jpg
メジロやシジュウカラをイメージした小鳥たち。
f0118538_12355024.jpg
そして、ミカンやリンゴ、木の枝。
ヒヨドリは、うすグレーの紙を使います。
f0118538_12355963.jpg
できた切り紙を配置を考えながらテーブルの上に並べていったら、
とても楽しい雰囲気になってきました。
f0118538_1236420.jpg
考えた順番通りにセロテープで窓に貼ります。
f0118538_1236888.jpg
ヒヨドリは、ロカちゃんのアイデアで羽に動きをつけてみました。
リンゴを食べにくるときは、確かにこんな感じです。
f0118538_12361899.jpg
できました!
窓の光が透き通って、とてもきれいです!
by iwaisanchi | 2010-03-04 11:15 | ◆このごろのいわいさんち
『ちか100かいだてのいえ』 が 2010 TSUTAYA AWARD第1位に!
岩井パパです。
小鳥のエピソードは、もう少しだけ続きますが
ちょっとここでビッグニュースが入ったので、お知らせです。

『ちか100かいだてのいえ』が、2010 TSUTAYA AWARD の なんと第1位に選ばれました!


TSUTAYA のスタッフがオススメする
「実際に読んでみて、お客様にオススメしたい本」ベスト10
「2010 TSUTAYA AWARD」決定!



f0118538_13324643.jpg

1位:「ちか100かいだてのいえ」(岩井俊雄、児童書、偕成社)

2位:「終末のフール」(伊坂幸太郎、文庫、集英社)
3位:「巻くだけダイエット」(山本千尋、実用書、幻冬舎)
4位:「赤い指」(東野圭吾、文庫、講談社)
5位:「1Q84 BOOK1」「1Q84 BOOK2」(村上春樹、文芸書、新潮社)
6位:「日本人の知らない日本語」(蛇蔵、文芸書、メディアファクトリー)
7位:「神様のカルテ」(夏川草介、文芸書、小学館)
8位:「悪人(上)」「悪人(下)」(吉田修一、文庫、朝日新聞出版)
9位:「SOSの猿」(伊坂幸太郎、文芸書、中央公論新社)
10位:「植物図鑑」(有川浩、文芸書、角川書店)

ニュースリリースはこちら
毎日新聞の記事はこちらです。


絵本や児童書だけかと思ったら、
昨年発売されたすべての書籍の中からの第1位というのが驚き・・・・
『1Q84』より上!、というのがちょっと変な気分ですが、素直にうれしいです。
投票してくれたTSUTAYA書籍スタッフのみなさん、ありがとうございました!!
by iwaisanchi | 2010-03-03 13:14 | ◆100かいだてのいえ
庭に小鳥を呼ぶ その5 ~鳥の音を聴く
小鳥を呼ぼうと、思い立ってから約1ヶ月。
試行錯誤のかいあって、
わが家の庭にはいろいろな野鳥がやってくるようになりました。
f0118538_13244166.jpg
まず、シジュウカラ。ヒマワリの種がお気に入り。
頭と胴体の白黒と、羽の薄緑の組み合わせはほんとうにきれい。
なぜこんなにスタイリッシュ?と思うような色のバランスです。
f0118538_13213414.jpg
それから、何度見てもうれしくなるメジロ。
緑色の微妙なグラデーションがすばらしい。
リンゴだけでなく、オレンジも大好物です。
f0118538_13213951.jpg
そして、ヒヨドリ。
大きいので来たときは迫力があります。
グレーと茶色の組み合わせも深みがあってきれい。
大食いで力もあるので、食べかけのリンゴやミカンをすぐ地面に落とします(苦笑)
f0118538_13214590.jpg
ヒマワリの種をスズメも食べに来るようになりました。
集団で来るのはかわいいけれど、シジュウカラに比べてなんとも行儀が悪い!
シジュウカラは枝にとまって種をひとつずつていねいについばむのですが、
スズメは、種をあたりに撒き散らします・・・(苦笑)

それぞれの鳥に個性があって本当に面白いです。

***

さて、家の中から窓越しに小鳥を観察していると
ちょっと残念なのは、せっかくの鳴き声があまり聴こえないこと。
窓を開けるとこの時期寒いし、小鳥に気配をさとられてしまいます。

そこで、試しに小型マイクで小鳥の声を聴いてみることにしました。
f0118538_13214956.jpg
こんな風に、えさ台の近くにマイクを仕込み・・・
f0118538_13215563.jpg
ヘッドホンにつないで、家の中から音を聴くんです(笑)
試してみると、外の情景がとてもリアルに感じます!
f0118538_1322196.jpg
でも、いいタイミングでなかなか鳴き声は聞こえません。
えさを食べるときは鳴かないのかもしれませんね。

いろいろ試しているうちに、そういえばシジュウカラが
ヒマワリの種を食べるときに、必ず枝にとまって種をつつくことを思い出しました。
あれって、音がするのかな?

マイクを、シジュウカラがよく来る1つ目のえさ台の
枝の裏側にしっかりテープで取り付けました。
枝を伝わって音が聴こえるかもしれません。
f0118538_1322557.jpg
ヘッドホンを耳につけ、しばらく待つと・・・やってきました!
そして、聴こえてきた音にびっくり!!!

シジュウカラがヒマワリのタネを割る音です!


まるでキツツキのような「コンコンコン!」という派手な音に
家族みんなで驚いたのでした。
by iwaisanchi | 2010-03-02 14:39 | ◆このごろのいわいさんち
庭に小鳥を呼ぶ その4 ~二つ目のえさ台
シジュウカラだけでなく、メジロも庭にやってくるようになって
わが家は大盛り上がり。
どうせなら、もっと近くで見たいね、と
もうひとつえさ台を作ることにしました。
f0118538_15491493.jpg
2つめのえさ台は、細長い形にして、
置いた種がこぼれないように、角材の縁をつけました。
f0118538_15492032.jpg
そして、小鳥がとまりやすいように、両側にユーカリの枝も取り付けます。
やっぱり自然の枝をつけるといいですね。
f0118538_15492664.jpg
裏側には、取り付け用に端材をつけました。
(これまでの工作の余りです)
f0118538_15493942.jpg
リビングの窓に一番近いスモークツリーの枝に、
こんな風にヒモでしばりつけて完成!
f0118538_15493215.jpg
窓からの距離は、およそ60センチ。
ここに小鳥が来てくれたら、いままでよりも
ぐっと間近で観察することができます。
f0118538_15494435.jpg
さっそくロカちゃんがヒマワリの種をたっぷり置きました。
さあ、どうでしょう?

・・・しかし、シジュウカラはなかなか気がついてくれないようです。
それとも、新しい場所には警戒するのか・・・
結局、この日は新しいえさ台には来てくれませんでした。

***

翌朝、ヒマワリの種だけだと目立たないのかも、と思って
リンゴも木の枝に刺しました。
すると・・・
f0118538_15495093.jpg
さっそくメジロがやってきました!
f0118538_1549549.jpg
窓から手が届きそうな距離で見ると、感激もひとしお。
肉眼で、目の周囲の白い部分やくちばしや足の細かい造形までがはっきり見えます。
うーん、色も形もすべてが美しい!!
f0118538_1550029.jpg
しばらくして見るとリンゴがなくなっていたので、
もう食べちゃったの?と思い、今度は別な枝にリンゴを刺すとまたメジロが!
キョロキョロ警戒しながらも、家の中の我々にはまったく気づいていない様子です。
そして、さらに見ていると・・・
f0118538_1550940.jpg
あれっ、この鳥は・・・?
あわてて、野鳥の本を調べるとヒヨドリでした!
見ていると、体が大きいだけあって食べ方もダイナミック。
リンゴが落ちたり、急にたくさん食べられていたのは
このヒヨドリのしわざだったようです。

それにしても、どんどん庭に来る野鳥が増えて
ますます楽しくなってきました!

P.S.
コメントで、野鳥に関する情報を書いてくださった方
ありがとうございます!参考になります!
by iwaisanchi | 2010-03-01 15:50 | ◆このごろのいわいさんち


カテゴリ
その他のジャンル