いわいさんちwebへ
ようこそ!
by 岩井俊雄

このブログトップへ

岩井パパがつくったもの

◆アイデアはどこからやってくる?
[河出書房新社刊]
岩井パパの発想と
創作の秘密がここに!



◆ちか100かいだてのいえ
[偕成社刊]
こんどは地下へ!
地球の中には何がある?



◆ビッグブック
100かいだてのいえ
[偕成社刊]
高さ116cm×幅20cmの
大型絵本になりました!



◆光のえんぴつ、
時間のねんど
図工とメディアをつなぐ
特別授業
[美術出版社刊]
小学校の全学年で取り組んだ特別授業の記録です。



◆100かいだてのいえ
[偕成社刊]
初めての描き下ろし
絵本です。
空までとどく不思議な家を
のぼってのぼって探検しよう!



◆いわいさんちの
リベットくん
[紀伊國屋書店刊]
作る・動かす・
物語が生まれる。
かわいくてあったかい、
親子で遊べる
手作りおもちゃ。
キット付もあります。



◆どっちが?絵本
[紀伊國屋書店刊]
わが家の遊びが
3冊セットの
絵本になりました!



◆いわいさんちへ
ようこそ!
[紀伊國屋書店刊]
パパとロカちゃんが考えた遊びや工作がたくさん載っています。



◆エレクトロプランクトン
ニンテンドーDSで体験する
音と光のメディアアート。



◆TENORI-ON
光と音を演奏できる
21世紀のデジタル楽器。


◆TENORI-ON開発日誌
もうひとつ
ブログやってます。
岩井パパの
アート・音楽関連の
最新情報はこちらから!

以前の記事
検索
<   2011年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧
どうぶつえんでつくろう!『100かいだてのいえ』
★お知らせ★
震災の影響により、ワークショップは中止されることとなりました。
すでに多数の方が応募してくださっていたのですが、とても残念です。
落ち着かない日々が続いていますが、みなさん元気でお過ごしください!

f0118538_22183464.jpg
動物園のほうでも、ワークショップをおこなうことになりました!

園内の動物たちを観察したあとに、その動物たちが住む家を自由に想像しながら
みんなで『100かいだてのいえ』を描いてみよう!、という企画です。

実際、岩井パパもそんな風にして『100かいだてのいえ』を描きました。
今回のワークショップは、参加者のみなさんにそのプロセスを体験してもらう試みでもあります。

ふるってご参加ください!



■ワークショップ どうぶつえんでつくろう!『100かいだてのいえ』

井の頭自然文化園では、現在、特設展示「『100かいだてのいえ』のどうぶつたちを開催中です。この展示にともない、「100かいだてのいえ」作者の岩井俊雄さんといっしょに、井の頭自然文化園オリジナルの「100かいだてのいえ」を作るワークショップを開催します。

動物園スタッフといっしょに動物をじっくり観察したあとに、動物たちがくらす家を想像して描いてみましょう。どんな「100かいだてのいえ」ができるかな?

【開 催 日】 2011年4月3日(日)
【時  間】 13:00~15:30
【場  所】 井の頭自然文化園 資料館2階「集会室」
【対  象】 5歳以上の子どもとその保護者
【定  員】 50名
【参加費 】 参加費は無料ですが、入園料がかかります
【持 ち 物】 鉛筆、消しゴム、色鉛筆、マーカー、ハサミ
【応募方法】 往復はがきに、参加希望者全員の氏名(ふりがな)・年齢・住所・
       電話番号を明記し、返信面に代表者の住所・氏名を記入して、
       下記あて先までお送りください。応募多数の場合は抽選をおこない、
       当落にかかわらずお知らせします。

       〒180-0005
       武蔵野市御殿山1-17-6 井の頭自然文化園「100かいだてのいえ」係

【締め切り】 2011年3月15日(火)消印有効
【お問合せ】 0422-46-1100 井の頭自然文化園管理事務所
f0118538_2220329.jpg
<クリックすると拡大します>
by iwaisanchi | 2011-03-08 22:08 | ◆100かいだてのいえ


カテゴリ
人気ジャンル